• HOME
  • ICPCとは
  • ICPCプログラム
  • ICPCブログ
  • 事務局のご案内

ICPCとは

平成19年度策定された『みなと再生構想』において、今治港を起点に中心市街地の活性化に取り組む、市民・行政・民間企業などの協働組織として検討されました。
また中心市街地に“ 賑わい”と“ときめき”を創出させるための交流拠点として、今治市民の誇り(シビックプライド)を結集し、発信する「今治シビックプライドセンター(ICPC)」が提案されました。

 

 みなと再生構想


   

ICPC協議会として活動を開始

 

みなと再生構想の答申を受け、平成21年4月よりICPC協議会として活動を開始。

 

(平成21年 ICPC協議会)
1)みなとマルシェ(みなと活用イベント)
2)商店街未体験トラベル(商店街活用イベント)
3)今治シビックプライドスクール(8回開催)
4)ICPCサロン(交流会)
4)ICPCフォーラム(今治を語るワークショップ)
5)今治のみなとにこんなものがあったらいいな絵画コンクール(愛媛県建築士会今治支部 協働事業)

 

(平成22年度 ICPC協議会)
1)みなと再生事業基本計画策定作業 市民ワークショップ(4回開催)
2)みなと交流ページェント(みなと活用イベント)
3)―不思議・秘密・知りたくなぁる― いってこうわい いまはる(商店街マップ作成)
4)今治シビックプライドスクール(6回開催)
5)ICPCリーフレット作成(交流会)
6)今治のみなとにこんなものがあったらいいな絵画コンクール(愛媛県建築士会今治支部 協働事業)

 

(平成23年度 今治市中心市街地再生協議会 にぎわい部会内 ICPC)
1)新しいみなと賑わい創出計画作成ワークショップ 9回開催
2)新しいみなと賑わい創出計画 リーフレット作成
3)Bari Newport Festival step1 (みなと活用イベント 活動する仲間集め)
4)情報発信事業 シンボル広小路でのインスタレーション
5)金星川イルミネーション事業 (商店街活用イベント)  
6)家島 視察

その他
○大三島マップ作成支援

 

(平成24年度 今治市中心市街地再生協議会 みなと部会)
1)新しいみなと賑わい創出計画推進ワークショップ 18回開催
2)海の駅を考えるワークショップ(今治市出身学生ワークショップ)
3)Bari Newport Festival step2・3(みなと活用イベント 活動する仲間集め)
4)ローカルコミュニケーションワークショップ今治(他地域の担い手と繋がる事業 現今宵サミット)
5)神山町視察

その他
○今治建築祭2012 今治建築祭実行委員会 
 (社)愛媛県建築士会・NPOこれかの建築を考える(伊東建築塾)協働事業
○上浦『まちづくり計画』作成委員会 10回開催 ファシリテート支援
○上浦『まちづくり計画』作成

 

(平成25年度 今治市中心市街地再生協議会 みなと部会)
1)みなと交流センター施設利用ワークショップ 6回開催
2)みなと交流センター施設利用提案書作成
3)海の駅を考えるワークショップU(海の駅の利用に関するワーク)
4)Bari Newport Festival step4・5・6・7(みなと活用イベント 活動する仲間集め)
5)島観光調査事業(小島の活用について)

その他
○浜の夏祭り実行委員会協働事業(浜の夏祭り・魚食に関する提案書作成)
○上浦『まちづくり計画』実施支援(自転車合宿の誘致)

 

(平成26年度 今治市中心市街地再生協議会 みなとにぎわい部会)
1)みなとで輝く海の市民 講演会開催
2)みなと交流センター施設利用者アンケート実施
3)Bari Newport Festival step8・9・10(みなと活用イベント 活動する仲間集め)
4)浜の夏祭り実行委員会協働事業(浜の夏祭り・魚食に関する提案書作成)

その他
○上浦『まちづくり計画』実施支援(自転車合宿の継続)
○MAYA MAXX基地(上浦住民の場づくり支援)
○菊間町 おもしろマップ(ファシリテート支援)



特定非営利活動法人 今治シビックプライドセンター (ICPC)

  

    代表あいさつ

            

         特定非営利活動法人今治シビックプライドセンター

                          代表理事 友田 康貴

       

これからは、みなとに整備される公共施設のマネジメントする機能に留まらず、市民がみなと地区で行う様々な活動を先導しプロデュースする協働組織として発展させていく考えです。
まずはみなと地区の賑わいを創り上げ、そのエネルギーを中心市街地全域へと波及させていくことに努力します。
参画する市民や助言者を多く招き、コミュニティビジネスを育成し、まちづくり会社へと発展させることを視野に入れ、これからのまちを背負う、一人一人の市民が「自負心」を持って活動する先駆けとなる組織を目指します。

 

私たちの大きな目標は「今治市で産まれた人々を大都市に輸出をしない町となること」です。
外に目を向けていた若者たちが親しみをもって生活し、また一度は出て行った人々も再び故郷に戻ってくることが出来るチャンスの多い町の実現です。鮭が産まれた川にもどってくるように、人々が産まれた町に「自負心」を持って帰ってくるような環境を整備します。
町の持続的な維持を考え、バトンの受けてとなる人材を育成し、これからの人口減少社会を勝ち抜く今治市を目指します。



コンセプト

ひととまちに幸せをたくわえる



ミッション

人の心に響く活動で今治に貢献


「イケてる」ヒト・モノ・コトを共有


遊ぶための学びを伝え、今治人を育てる

楽しさ、面白さを共有できる場を創る


若者が帰ってこれるチャンスの多い街にする




copy