平成20年度活動報告② ライムチェア

“ライムチェア”プロジェクトは、街をもっと身近なものにしようと、ライム色のイスをまちなかに置いていくというプロジェクトです。

家庭で廃棄処分になったイスを提供していただき、そのイスにまちの心地よさを再発見するためにもう一度活躍してもらおうというプロジェクトです。

家庭のリビングで活躍していたイスに、今度はまちをもリビングルームにしてほしい!

このまちには「ライム色のおもてなしのイスがある」

まちを思う人の心が少しでも伝わりやすくなるといいなとおもい“ライムチェア”プロジェクトを始めたそうです。

 

○ペイントワークショップ

日 時:平成20年9月14日(日)11:00~17:00

場 所:今治商店街『ベニーズ』(元つくに自転車店)

講 師:柏原 寛さん

e383a9e382a4e383a0e38381e382a7e382a2efbc91

 

 

不要になったイスを持ち寄り、ペイントワークショップでペイントします。

およそ20人が参加し、ペンキと格闘しライムチェアを創っていきました

 

 

 

 

 

 

e383a9e382a4e383a0e38381e382a7e382a2efbc92e383a9e382a4e383a0e38381e382a7e382a2efbc93e383a9e382a4e383a0e38381e382a7e382a2efbc94

 

 

 

 

 

 

まずは下地の白色のペンキを塗っていきます。単純作業なのですが、ペンキの塗り方にも個性が表れるようです。

子どもたちも参加してもらい、商店街を通る人からは、『何をしてるの?』という目線を感じました。

この??クエッションこそ大事なことなのです。興味をもってもらうこと・・・ICPCのスタートです。

 e383a9e382a4e383a0e38381e382a7e382a2efbc951

 e383a9e382a4e383a0e38381e382a7e382a2efbc96

 

続いていよいよライム色を塗っていきます。ライム色を目にするとなんとなく柔らかな気持ちになっていきました。

 

 

e383a9e382a4e383a0e38381e382a7e382a2efbc97

 

 

 

ライムチェアの完成。こうやって並んでいるのを見ると爽快です。

 

 

 

 

 

 

 

○「まちのオススメスポット」探索ワークショップ

e383a9e382a4e383a0e38381e382a7e382a2efbc98

 

 

日 時:平成20年9月23日(火)13:00~15:00

場 所:今治商店街『ベニーズ』(元つくに自転車店)

講 師:柏原 寛さん

 

 

 

 

 

 

参加者がライムチェアと一緒に、今治港や商店街などを散策し、お気に入りの場所「まちのオススメスポット」を探します。場所が見つかったらライムチェアに座って写真を撮り、最後に全員で報告を行います。普段は見過ごしていた場所に座って、新しい視点でまちを考えてみました。

 

 e383a9e382a4e383a0e38381e382a7e382a2efbc99

e383a9e382a4e383a0e38381e382a7e382a2efbc91efbc92e383a9e382a4e383a0e38381e382a7e382a2e383a9e382a4e383a0e38381e382a7e382a2efbc91efbc91e383a9e382a4e383a0e38381e382a7e382a2efbc91efbc90e383a9e382a4e383a0e38381e382a7e382a2efbc91efbc93

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まちを探索する・・・

 

オモイオモイの景色を切り取っていきます。

 

ライムチェアをもってまちのいいとこ探しをしました。