みなと探検パフォーマンス④

ミッション⑦の指令は《今治漁協前に掲げられている下の国際海事信号旗を調べよ!》です。

e291a6efbc91e291a6efbc92

皆さんは国際信号旗というものをご存じですか?海上において船舶間での通信に利用される世界共通の旗であす。A~Zまで表す文字旗26枚と、0から9までを表す数字旗10枚と、それらの代用をする代表旗3枚と、回答旗1枚の計40枚で1組になっています。t

l1みなと再生エリアに6本の国際信号旗を立て、エリアの確認をしていただきました。

 

 

ミッション⑦のカードに記されている内容は・・・

k左の国際信号旗の意味は次のどれでしょう。

① 本船は健康である

② 曳き船を求む

③ 私はあなたと通信したい

        正解 (    )正解を皆さん調べてみてください。

 e6bc81e58d94

今治港のお隣さんⅠ

 

美味しく新鮮な魚が売られている「今治漁業組合荷捌場」。一般の人も地元の美味しい魚を買うことができる市場なので毎朝多くの人が訪れます。驚くほど安い今治の魚をぜひどうぞ

 

 

ミッション⑧の指令は《今治港の大きなプロペラの直径と重さを調べよ!》です。

e291a7efbc91

e291a7efbc921e291a7efbc93

 

 

 

 

 

 

ミッション⑧のカードに記されている内容は・・・

造船の町を象徴するオブジェ。このスクリューがついていた船の全長はいくらでしょう。

このスクリューは、1977年に建造された 全長199.4mの貨物船「AMERICAN HIGHWAY」のものです。

このプロペラの裏を探し、直径と重量を調べよう!

直径         m

重量         kg

e5bf9ce381881

 

みなさん安全に気をつけてプロペラの後ろに行ってみてください。

今治市に本社や拠点をおいている造船会社のグループ全体で、日本全体の1/4を超える船舶を建造しています。

 

 

金星川の終点

e59bb31efbc91

 

今治城の外堀跡とも言われており、昔の汚れていた川が市民の力できれいな川になってきています。

金星川は、商店街に平行して、中心市街地を流れる唯一の川です。起点がどこか調べてみましょう。

 

 

今治キリスト教会跡地

e69599e4bc9aefbc91kyoukai明治12年、四国初のキリスト教会が今治に建立されました。この教会にあった鐘はアメリカの協会から送られ、日本三大洋鐘の一つに数えられていました。この教会の名残として、教会の門柱が現在の今治教会に残されています。

 

 ミッション⑨の指令は《ブルーテントの中でなにが行われているのか調べよ!》です。

 

e291a8efbc94e291a8efbc93

e291a8efbc92

 

 

 

 

 

 ミッション⑨のカードに記されている内容は・・・

 

efbc99e59bb31efbc94 みなと再生事業基本計画策定業務プロポーザルでは最優秀には「原広司アトリエ・ファイ建築研究所」などでつくる「A・N・K共同企業体」の計画案が選ばれました。

この計画は海事都市・今治の歴史と使命をコンセプトにみなとに600mのコンコースを創り、野外ステージや広場の他、空中に「浮島」のように浮かぶ施設を創ろうとする案です。

また「7年都市」という計画をたて、施設が出来ていく過程を公開し、市民と共にみなとを再生していこうという強い気持ちが現れていました。

 

 

ミッション⑩の指令はGOAL みなと探検BOOKを完成させ、マルシェと芝生を体験せよ!》です。

e291a9efbc91

e291a9efbc92e291a9efbc93e291a9efbc94e291a9efbc95e291a9efbc96

 

 

 

 

 

 

シビック・プライド 地元の新鮮で美味しいものを食べることもシビックプライドです

 

芝生広場

みなと再生では、沖洲広場が芝生が広がる憩いの公園になり、「カフェやマルシェ、野外ステージや市民スタジオが出来たらいいな」という意見があります。

芝生に寝転がったり座ったり、ピクニックをしてみたりし、将来の楽しみ方を試してみましょう!

 

 e291a9efbc97

e291a4efbc95e291a5efbc941e291a3efbc971

港周辺にはこのように、多くのものがあります。何故これだけ、いろいろなものがあるか・・・

それはかって港は交通の要であり、多くの人がいつも利用していた場所でした。

しかし船から車へ交通の手段が移行し今治の港は人があまり訪れない場所となってしまいました。

みなと再生構想では、「交通の港から交流の港へ」というコンセプトをたてています。

今治の発展にはなくてはならなかった港・・・今その機能が変化し、再び人(市民)が訪れる場所にするため、みなと再生プロジェクトは進んでいます。

ICPCは『みなと再生と市民をつなぐプラットフォーム』機能としてこれからも港を中心に活動を続けていきます。