Home > 新しいみなと賑わい創出計画 > 第4回 『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会

第4回 『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会

10月18日(火) 第4回 『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会を今治中央公民館にて開催いたしました。

この日の目的は                                   

取り組みを具体化していく

です。                                   

その上で前回までの内容のおさらいをstudo-Lの神庭さんにしていただきました。

 

このワークショップでは、みなとを含む中心市街地を市民の目線で提案し、計画としてまとめていきます。

いままで出てきたアイデアを五つのカテゴリーに分けて見ました。

交流・学ぶ・遊ぶ・食べる・販売するです。

この日は、『交流』『学ぶ』『遊ぶ』『食べる・販売』に分かれ話し合いを行います。

その前に事務局から9月28日・29日に横浜を視察してきた内容が発表されました。

横浜の山下公園では管理する側と利用者の間に入って、活動するキャストは見受けられなかった。

横浜には魅力が周辺に数多くある中での公園の位置づけでありが、今治でいえば「新しいみなと」に数多くの魅力が存在する状態にしないと、交流のみなととするのはむずかしい。

など実際に訪れることで感じたことなどが発表されました。

 続いてみなとの活動を具体化するワークです。

自分たちがお客さんとしてみなとを訪れるのではなく、運営側になってお客さんを招いて活動する視点で考えました。

グループ分けは『交流』『遊び』『学ぶ』『食べる・販売』です。

 

今までの出てきたアイデアを抽出し、実現性の高いもの・1人でできることから1000人でできることなど、各グループで検討します。

各グルーブで検討された内容は以下のとうりです。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://icpc-imabari.jp/blog/wp-trackback.php?p=2981
Listed below are links to weblogs that reference
第4回 『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会 from ICPC今治

Home > 新しいみなと賑わい創出計画 > 第4回 『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会

Search
Feeds
Meta

Return to page top