Home > 市民ワークショップ > 市民ワークショップ①

市民ワークショップ①

平成22年8月29日 『みなと再生基本計画策定作業 市民ワークショップ』が地場産業振興センターで開催されました。

この市民ワークショップは 三回の事前ワークショップ・学生ワークショップを踏まえ開催されたました。

 

友田代表からは「今日一日皆さん一人一人がICPCのメンバーとなったつもりで、これからの港を考えてください」と挨拶がありました。

まずANK共同企業体の西沢大良さんから事前ワークショップのまとめとグループの振り分けについて説明いただきました。

事前WS意見一覧

事前WS意見分類

その後、学生から自分たちが考えた案のプレゼンテーションがありました。

各班参加者の市民の方々に、自分たちの案を伝え、後の意見交換に参加してもらえるよう必死にプレゼンをしました。

 

 学生のプレゼンテーションの後、学生との意見交換を行い各班の提案について、疑問点や気がついたことなどを書き込みました。

参加者、学生が一緒になり、案の実現性を考えました。

その後各グループに分かれ、疑問点や具体的な案にするため話し合いが行われました。

この時、愛媛県建築士会今治支部の方々がファシリテーターとして各班についていただき、議論をスムーズに進めていただきました。

 その後話し合った内容を各班が発表し、全体で共有を行いました。

最後にANK共同企業体を代表して原広司さんから「この案を持って帰り、実現性を検討し、なんらかの形で基本計画に反映させる。再度市民の皆さんにこの案がどうなったのか示す機会を設ける」とお話がありました。

市民ワークショップは予定調和で開かれたものではありませんでした。『事前ワークショップで出てきた意見をどう反映させ、市民ワークショップの形にできるのか?』が大きな課題でした。

学生が創る案は出来上がった案ではありません。市民がその案に対して意見を述べ、再度その案を練り上げていくものでした。

市民が関わり創り上げる『新しいみなと』はこのような話し合いの積み重ねによって具体性を持ってきます。

8つのグループのアイディアは「海の視点」が大いに盛り込まれた内容でした。その中には「港」を海と陸とを繋ぐものとしての考えがあり、「海と陸とを繋ぐ」→「人と人とを繋ぐ」という考えが含まれていました。

今回話し合われた内容は「こういうものができたら人が訪れ、そこに交流が生まれる」というものばかりです。「交通の港から交流のみなとへ」という港再生プロジェクトのコンセプトをより具体的にイメージにする機会となりました。

皆さんが話あった内容等は後日示します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://icpc-imabari.jp/blog/wp-trackback.php?p=2096
Listed below are links to weblogs that reference
市民ワークショップ① from ICPC今治

Home > 市民ワークショップ > 市民ワークショップ①

Search
Feeds
Meta

Return to page top