「みなと再生事業計画策定業務」における報告会②

みなと再生事業の再整理・事業エリアの現状認識

港を利用する市民が減少し、なかなか港に足を運ぶ機会は少なくなりました。

現在の港は・・・

建物事に調査し、現在の状況が報告されました。 

 内港護岸

 外港護岸の緑地・防潮壁・防潮板

 駐輪場

 大型建築

 

 

小型建築 

 モニュメント 

その他の既存施設

これらの施設を以下のようなイメージに変えてみたらどうでしょうか?

これはあくまでも案です。みなとにどのような機能があれば賑わいが起こるのでしょう。

現在港には人は訪れないといってもいいでしょう。

「人が訪れてみたい」という雰囲気はどのようなものなのでしょう。

みなとに必要な機能とは・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です