Home > Archives > 2012-01

2012-01

大三島みちしるべ(仮)マップ 2

『大三島みちしるべ(仮)』まっぷ ~ほんとに伝えたいこと~ の第二回ワークショップを平成23年12月20日に開催しました。

この日の目的は《前回出たポイント以外のを考え、文章を考えました。》

上浦地域活性化推進協議会 小野 功会長より「まだまだ上浦にはいい所がたくさんあります。皆さんもそういう考えで、町外にPRしていきましょう。そして上浦をいい町住みやすい町にしていきましょう。」と挨拶がありました。その後事務局から前回の振り返りがあり、当日の進め方の説明がありました。

ふりかえり

まっぷづくりのコーディネートをお願いしている会田大也さんから考え方の説明があり「今までは大人数の旅行客が多かったが、変化してきている。これからは『街に住む人がどれだけ街を愛しているか』ということが新しい観光のポイントとなってくる。《ニューツーリズム》の時代。」と説明がありました。

ニューツーリズム

ニューツーリズムとは、従来の旅行とは異なり旅行先での人や自然との触れ合いが重要視された新しいタイプの旅行である。よって旅行会社が主導ではなく、地域の立場から特性を活かすことが一番であるため、地域活性化につながる新しい旅行の仕組みである。内容としては、産業観光・エコツーリズム・グリーンツーリズム・ヘルスツーリズム・ロングステイ・文化観光などが含まれる。

上浦のいいとこ探し

前回に続き、上浦のいい所を話し合いました。二回目とあり、昔話や残したい物といった、上浦に対する“愛”を感じる項目があがりました。普通の観光マップに掲載される情報だけではなく、上がってきた項目からは、『私たちはこれだけ上浦を愛しているんだ』という意志を感じるものが出てきました。

またポイントにつける文章も合わせて考えました。

この文章は地域への親しみを感じてもらえるようなものを考えました。ちょっとハードルが高かったものの、趣旨をみなさん理解し、地域愛を感じるものが数多く出てきました。

一回目、二回目で出てきた上浦のいいところの総数は107!!しかも観光マップには掲載されない情報が数多く集まりました。

一つの例として・・・

=甘崎城=

・瀬戸内のモンサンミッシェル

・放課後の遊び場

・潮干狩り きれいなハマグリ 手長ダコ 大貝(ミル貝)

・潮が引いた時に渡って、お弁当を食べ満ちてきてから船で帰った。

・甘崎荒神社 

  彫刻がすごいよ鶴姫伝説に似た言い伝え有り。

  神木にしてください。楠とウバメガシが仲良く合体。でも大きくなりすぎ切り刻まれています。助けてくれる人はいませんか

・甘崎明光寺

  神社の狛犬

  16羅漢 ほりがとてもいい。

  広島の石工さんがつくられたそう

・甘崎水場 

  「おしわけ」という地名がある。船着き場?さむらい長屋という屋号がある。

 

各グループからの発表と講評

最後に各グループから発表し、参加者全員で共有しました。講評では、会田さんから「時代の流れとして、小さなモノや事柄でも大切に観光資源へと転換できる機運がある。例えば自転車の速度や移動範囲に合わせたツアーも、大三島においては、とても有効なのではないか?」とお話がありました。 

 

Home > Archives > 2012-01

Search
Feeds
Meta

Return to page top