Home > Archives > 2011-07

2011-07

第1回 『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会

7月18日(月・祝) 第1回 『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会が美須賀コミュニティプラザにて開催いたしました。                  

                          

この日の目的は                                   

過去の経緯を含め今年度の取り組みの趣旨や内容を理解する。

他の地域での取り組み内容を知る。

これから一緒に計画づくりを行う上で、お互いを知る。 

             

 です。                                   

その上で以下の内容で会を進行しました。                                   

○開会・事業説明                                   

○ワークショップの趣旨説明                                   

○自己紹介                                   

○事例紹介                                    

 山崎亮(studio-L)                                   

○話し合いのルールを決めよう                                   

 発表、まとめ                                   

○今後の進め方                                  

○閉会                                   

この日の参加者は、32名。その中には前日に山崎さんのTwitterをみた今治市出身の長野の学生が、京都の友達を連れ急きょ参加してくれました。                                   

まずこれまでのみなと再生の経緯を簡単に説明し、各テーブルで自己紹介をしていただきました。                                   

その後山崎さんから事例発表として『街はいったい誰が楽しくするべきなのか』というタイトルでお話がありました。                                   

                                   

その中でのキーワードは                                   

つくるからつかう時代へ・・・ デザインとマネジメント・・・ 仕組みづくりへどうシフトするのか                                   

人口減少社会を迎えた上での再都市化へ向けた活動を行っている都市が今最先端の都市である                                   

街の公共空間を楽しく使ってもらうためには、仕組みが必要。使う人が喜ぶ街にどうしていくか                 

                                

 企画は、「私がやりたいこと」「私ができること」「社会が求めていること」の三つの輪が重なることを考える。               

                        

まだ誰とも繋がっていない人が誰かと繋がるキッカケづくり、一緒に活動する仲間づくり。街を楽しくすることにより良質な関係創りを行う。               

  このあと『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会のルールについて各班で話し合われました。                     

その前に物事を否定的にとらえられることと、肯定的にとらえることについての体験があり、会のルールづくりについてポジティブな内容が皆さんから提案されました。               

                  

 その後発表まとめが行われ、全体で共有いたしました。                                   

 今回決めたルールについては、早急にまとめ『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会のルールとしてお知らせさせていただければと思います。              

                                     

 次回、第二回は8月26日(金) 18:00~今治中央公民館3Fにて開催いたします。         

目的          

 みなとにできる建物のイメージを共有する         

 施設機能を踏まえた上で、にぎわい創出コンテンツを考える         

 A・N・K協同企業体 西沢大良氏 出席予定  

第一回 参加者の皆さんの感想   

 ・もっと固い雰囲気で、話し合いをすると思っていたので、3時間があっというまにすぎて楽しかったです。  

 ・目からうろこの話を聞かせていただきありがとうございました。  

 ・とても楽しい会になりました。できるだけ参加したいと思います。  

 ・この先も非常に楽しみです  

 ・今後の話の進む方向が楽しみです。             

・よりたくさん意見を出せるような“場”づくりについてとても参考になりました。 (もっとむずかしい会だと思っていたので安心しました。)             

・久しぶりにルール・テーマに沿った会話が出来たこと、皆で通じ合えた瞬間が感じられた事など良かった。             

・山崎さんが真の意味でわかりやすく説明してくれたので、ヨカッタです。え~楽しみですし、友人を連れてきたいと思いました。             

・今後に期待が膨らみました。             

・楽しく会ができた。今後だんだんと楽しみながら会に参加していきたい。             

・勉強になりました。             

・問題意識を持つ様、心がけるべしを痛感             

・第二の人生の目標が見つかった気分             

・いささか若返った感じ             

・会話力のupに期待             

・新鮮な意見の出し方、進め方なのでとまどっています。             

・すごく勉強になりました。すぐ役に立つ様わかりやすい話でした。             

・非常によかったと思います。             

・全部参加できないかもしれませんが、可能な限り参加したいと思いますので、よろしくお願いします。             

・とても楽しかったです。どんどん意見を出し合ってもっともっと楽しくなったらいいな♡と思います。             

・会の進め方をまず、みんなで意見を出し合うという時間をとっているということは、大切な事だからということだと思いました。3月まで円滑にすすんでいくことを願います。             

・山崎さんのお話で、新しい視点を発見できました。             

・山崎さんのお話はとてもわかりやすく、楽しくてまたもっと深くお聞きしたいと思う。             

・ワークショップの手法についても、よくわかった。             

・おもしろかったです!これからあと7回の会話の準備がしっかりできたと思います。なるべく参加したいと思います。             

・参加して良かったです。とても士気の上がる会だったと感じました。僕自身、今治で何かが出来るんやと思ってワクワクしています。皆で一緒に頑張りましょう。             

・今後話し合いができそう             

・今までのワークショップより、現実味があるというか、ようやくスタートの会だったと思い参加して良かったです。             

・山崎さんの話がとても素敵で、グイングイン引き込まれました。とても参考になり、今後に生かせる内容があったのですぐに活用できる内容だったと思います。楽しいワークショップになりました。ありがとうございます。             

・幅広い人たちが集まっていたので、各々が人を誘えばさらに繋がりが大きくなると思いました。学生が少なかったので、もっと若い世代の人にも知ってもらい、興味を持ってもらえるモノにしていきたいと感じました。             

・初回として打ち解けることができた。できれば同じメンバーで次もやりたい。共通認識ができた。        

              

この会はオープンな会を考えておりますので、どなたでも参加していただければと思っております。        

 資料等の都合上あらかじめ参加ご希望の方は        

 ICPC協議会事務局 TEL 32-5126                                       

             mail icpc@major.ocn.ne.jp                                

     まで一報いただければと思います。                                       

                                    

Home > Archives > 2011-07

Search
Feeds
Meta

Return to page top