Home > ベニーズ Archive

ベニーズ Archive

MINATO DE ONGAKU 開催のお知らせ

みんなで港に集まろう《MINATO DE ONGAKU》

4月17日(日) 今治港ふれあいマリン広場 14時開場 14時半開演

出演 WAI WAI STEEL BAND二階堂和美

この音楽会は、今治高等学院開校5周年の音楽祭で、東北関東大震災の義捐金を集めます。

まちなか広場 ほんからどんどん

 

12月4日(土)に「ほんからどんどん」がオープンします。

街のまんなか どまんなか 市民のいこいの広場 『ほんからどんどん』

この施設は「今治商店街、本町からドンドビまで、たくさんの人に集まって」という願いをこめてなづけられました。市場 食堂 子どもからお年寄りまで楽しめる憩いの広場・・・

12月4日(土) 10時~ セレモニー&イベント

憩いの広場12月の催事カレンダー

お問い合わせ まちなか広場 ほんからどんどん 32-7230

         今治商店街協同組合事務局    32-0122

ICPCとしてもどんな協力ができるのか、楽しみです。

第1回 AKIRA CUP

 

15日 沖州広場で第1回 AKIRA CUPが開催されました。

お盆にも関わらず、若い人が港に集まっていました。やはり夏のイベントは暑さとの勝負。

 ハード整備の中にも、なんらかの対策がいるのでしょう。みなと・海の近くでイベントを開催する良さという点をどう盛り込むか?

海のもつ解放感等が施設整備において盛り込まれていけばさまざまな人が港でイベントを開催するのでしょう。

第4回 全国やきとリンピック

8月7日・8日 おんまくに合わせてやきとリンピックが大型フェリー駐車場で開催されました。

 全国の沖縄から北海道まで、焼き鳥の味自慢が一堂に会した風景は圧巻でした。

イベント会場としての大型フェリー跡を使うにはどんなものがあればいいのか・・・

夏の炎天下、コンクリートの上はうだるような暑で日陰を求めみなさんテント下に避難されていました。

また本来海の近くといえば解放感もあるはずなのですが、安全上海の近くには行けないため、囲いで覆われていました。

またデッドスペースとなっている所も多く、おんまくの会場として港を有効利用できる形も考えていく必要があるのでしょう。

第1回 AKIRA CUP

先日ベニーズにうれしいお知らせを持ってきていただいた方が訪れました。

第1回 AKIRA CUP

8月15日(日)10:30~ 今治港多目的広場(沖州広場)

大会運営者の廣川晃さんです。

今治港の広場で練習していた彼らが成人し、今治を離れた仲間たちと一緒に今治市で初めてスケボー大会を開催します。

数か月前からいろいろな所に自分たちで足を運び、開催の運びとなりました。

どんな大会になるのか今から楽しみです。

 

明日もお待ちしています。

商店街の夜店にべニーズを開けていると、ICPCの活動は皆さんに認知されてないと実感します。

今年の夜店は例年以上に人出も多くべニーズの前を多くの人が通りすぎています。

べニーズを見、「ここなに?」という顔をして行く人も多いのですが、「ああここ」と納得する顔も見受けられます。

そういう顔をされる方はごくわずかで、みなさん巣通りされていきます。

 

 p1000418 p1000420

 

しかし、何人かの方はべニーズを目指し訪れてくれました。

先週は3人の若い女性がわざわざべニーズを訪れました。

建築関係の方かとお聞きするとそうではなく、原先生に関心がある方でした。

今治にもそういう方が居られるのだなと思ったしだいです。

ここに場所があるだけで、人は訪れます。

べニーズのスタートはそんなものでいいのかな?と思います。

何かの時に「あああそこか!」というために夜店の時に開けている次第です。

 

今日は商店街の方が訪れ「商人まつり」のことについて話しをしました。

ICPCは商人まつりで、『子ども商店街』を行うということは決まっているのですが、具体的な内容は詰め切れておらず、どういうスタンスで商人まつりに関わるか?という問いにちゃんと答えきれませんでした。しかし出来ることは、事務局対応で関わっていきたいという話をさせていただきました。

「港から発展した商店街の同線をどうにかして、昔の同線にもどせないか」という問題をいただきました。

 

その後も今日はひっきりなしに人が訪れ、初対面の方とICPCについて話しあいます。

 

今日お聞きしたのは、「これから港がどうなっていくのかというビジョンをしっかり示してください。」とのことです。

それをちゃんと示さないと「協力もできなく、わからない団体に終わり、批判だけが集中する。」とも言ってくれました。

そうなんです。

 

港がどう変わっていくのか・・・

ちゃんと発信していきます。

もうちょっとお待ちください。

 

明日も夜店です。

どんな人が来られるのか、どういう話し合いができるのか楽しみです。

セイルアートしまなみ2009

 yacht_02

瀬戸内しまなみに、帆(セイル)の花を咲かそう-。愛媛県上島町の弓削島(ゆげじま)周辺を舞台に7月18、19の両日、全国からクルーザーヨットを招いて、親善レースや体験乗船などのイベントが開催されました。
 しまなみ海道の開通10周年を記念する事業の一環で、マリンレジャーの拠点として整備された「海の駅」の活性化を図るのが狙いです。
  19日は、「セイルアートしまなみ2009」と銘打ってクルーザーヨット約40艇による親善レースを開催されました。参加艇を2クラスに分け、午前8時半にスタート、弓削島東回り約5マイルのコースでゴールを目指しました。

 

e383a8e38383e38388e3839fe383bce38386e382a3e383b3e382b0-036  e383a8e38383e38388e3839fe383bce38386e382a3e383b3e382b0-007


海事都市今治のこれからを思い、見学にいったのですが当日は暴風雨。時間どうりにいったのですが、レースはスタートしていました。

 

望遠レンズを構えたアマチュアカメラマンの方からも、「ブルーの海にだったら映えたのに、このグレーの海じゃあね」という声が聞こえてきました。

 

e6b8afefbc94

 

e6b8afefbc95

 

しまなみ海道という財産がある今治。ヨットの雑誌を見てみるとしまなみ海道のよさを特集しているのも見受けられます。

現在ヨットマンからは今治港はなかなか利用しにくい港のようです。

今治の方は新居浜に係留されていると聞きます。

ヨットを係留し、トイレ・シャワー・水の補給など港に寄港し行うことは数多くあるそうです。

 

e6b8afefbc91 e6b8afefbc92 e6b8afefbc93

 

今治港は商店街と直結しているため、立地的にはベストの立地と聞きます。

今航路削減で空いている桟橋に寄港できるよう、今治市に働きかけている方もいます。

潮の満ち引きにより上下する可動桟橋等ができればもっと今治に寄港するのにともおっしゃっていました。

海からこられた訪問者を温かく迎えられるような港。全国・世界のヨットマンから注目される港にぜひしたいものです。

べニーズからのお知らせ

ICPCと愛媛県建築士会今治支部が協働し、今治の港にこんなものがあったらいいなという絵画を募集します。

 

みなと再生プロジェクトが推進されている港を舞台に、皆さんの自由な発想を展開してください。

 

優秀な作品は商店街に展示し、もしかすると模型化されるかも!

 

豪華賞品もあるかも!ぜひ参加してください。

 

今治市内の小中学校のみなさんへ(絵画募集)

 

 

今治の港

 

 

 

こんなもの

 

 

 

あったらいいな!

 

 

(社)愛媛県建築士会 今治支部

ICPC協議会(今治シビックプライドセンター)              

      

 

2015年を目標に今治の港(現在の港務所のある場所)は新しい建物と広場に生まれ変わろうとしています。

みなさんが今治の港にこんなものがあったらいいな!

と思うものを描いてみませんか。

みなさんが考える夢の広場、たてもの、遊び場、モニュメントなど何でもOK!

全作品を商人まつり(101011日)で展示し、優秀な作品は表彰します。

参加者全員に参加賞を用意しています。

たくさんのご応募をお待ちしております。

 

  応募のきまり

個人またはグループでも可

八つ切り画用紙  1

画材は自由(絵の具、クレヨン、色えんぴつなど)

画用紙裏面に指定用紙(必要事項を記入)をはり、94日(金)

までに学校へ提出してください 

 

  お問い合せ先

  ICPC協議会事務局 ベニーズ(常盤町2丁目34 TEL・FAX 325126

 

みなと再生プロジェクトのプロポーザルにて最優秀提案となったA・N・K共同企業体の案には『パブリック・コンストラクション』という案があります。

この案の内容は、港に出来る小さな建築物(発券所・待合室など)を《東アジアの大学・日本の大学の学生に設計してもらおう》という案です。

まだ決定事項とはなっていませんが、こういう案に今治市のいろいろな建築に関わる事業者をはじめ、市民全体で建築物を建てていこうと考えています。

今回の皆さんの提案もこれからどうなっていくのか分かりませんが、市民みんなで港に出来る建築物を考えるのもおもしろい仕組みです。

 

なんらかの形で小中学生の案がこれからの港に活かされるよう展開してみたいものです。

 

 

 

 

ICPC協議会 メンバー募集

ICPC協議会は、メンバーの募集をします。

私たちと一緒に《みなと再生プロジェクト》を推進していきませんか?

現在メンバーは9人と少ない人数で活動しております。ICPCは継続的なみなと再生・まちづくりを考えていきます。

 

募集要項

 

市街地再生課ホームページ

http://www.islands.ne.jp/imabari/sigaichi/info/icpc_boshu.html

 

CONCEPT

  ICPCはみなと再生プロジェクトと市民をつなぐプラットフォームである

MISSION

 

ICPCは、みなとの再生を通して今治の市街地再生をプロデュースする。

 

新しい交流の港が中心市街地と一体となってにぎわい、今治の誇りになるようリードする。

 

市民参加によるプロジェクト推進を基本とし、多くの市民活動が派生していくプラットフォームを形成する。

 

VISIONS

 

一.住みたい今治をつくるプロデュースセンターである。

 

二.仲間を集め、何事も楽しくやる。

 

三.思いついたらすぐやってみる。しかし結果は冷静に見る。

 

四.前例にしばられない。しかし、歴史は敬い活かしていく。

 

五.ライバルを探し、競争する。

 

六.未来のため希望を語る。未来は子ども達と共にある。

 

七.ワールドクラスを目指す。

 

これらがICPCの行動指針です。すごくハードルを高く設定しています。

しかしこういうことを目標にしないとこれからのみなとは市民のみなさんが楽しんでもらえる『交流の港』に変化していきません。

未来のために今自分たちが何をやらないといけないのか?

みなとを議論の出発点としていっしょにかんがえませんか?

みなとのこれからを行政と一緒に考え協働し、つくりあげていきましょう

もうそういうことを考え実施している地域は日本にいっぱいあります。

先進地の勉強を重ね、今治らしさ、そしてシビックプライド(市民の誇り)を形成できる今治を一緒に考えていきましょう。

 

べニーズin夜店

ちょと平成20年活動報告はお休みし、6月27日(土)の夜店の模様を紹介します。

 

 e5a49ce5ba97efbc96e383bbefbc92efbc97e38080efbc91

 

第一回目の夜店で天気も良く、予想以上の人出がありました。

マイタウンさんが主催するゆかたコンテストを目指してる方も多く、ゆかた姿の方を多くみかけました。

 

e5a49ce5ba97efbc96e383bbefbc92efbc97e38080efbc92 e5a49ce5ba97efbc96e383bbefbc92efbc97e38080efbc93

 

さてべニーズなにですが、今年の3月11日に開かれた、みなと再生事業基本計画策定業務委託プロポーザルで最優秀提案に選ばれた、ANK企業体の案を市民の方に見てもらえるようしておきました。

原広司西沢大良両氏のおこなうプレゼンテーション(15分)は必見です!

事前にサポーターの方にはメールで配信しておき、3名のサポーターの方がこられ、港のこれからに対して案を話していかれました。

その他、夜店にこられた方の反応は『あそこは何?』という反応がみうけられました。

しかしそれでいいのだと思っています。

一人一人の方の口こみで、べニーズはこれからの港を考える場所として発信できればいいのだと思います。

 

e5a49ce5ba97efbc96e383bbefbc92efbc97e38080efbc95

 

 

e5a49ce5ba97efbc96e383bbefbc92efbc97e38080efbc94

 

東京からいろんな街を歩いている方がこられ、多くのお金をかけ港を再生するのだったら、他のいろいろな成功事例を参考にした方がいいという意見もいただきました。

これからの港を考える時、今お金をかけて整備するとしても10年20年後港で今治市民や訪れた方が遊び・楽しめる場所になれば、十分ペイできるのではないかという話もしました。

自分たちが使う港と考えれば、一人でもおおくの市民のお話が集約できたらいいと思います。

かといって、その意見が全部かなえられるわけではありません。

しかしゼロではないでしょう。意見を集約し、議論しどうゆう港にしていくのか・・・

それは私たち市民にかかっています。

まだどんなものを創るのか決まっているわけではありません。

ここICPCの拠点べニーズが市民の意見を集約する場所になっていけば、市民の港ができるのかもしれません。

 

夜店の期間中べニーズは開放します。

 

ぜひみなさんおこしください。

 

 

 

Home > ベニーズ Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top