Home > みなとマルシェ Archive

みなとマルシェ Archive

みなと探検パフォーマンス④

ミッション⑦の指令は《今治漁協前に掲げられている下の国際海事信号旗を調べよ!》です。

e291a6efbc91e291a6efbc92

皆さんは国際信号旗というものをご存じですか?海上において船舶間での通信に利用される世界共通の旗であす。A~Zまで表す文字旗26枚と、0から9までを表す数字旗10枚と、それらの代用をする代表旗3枚と、回答旗1枚の計40枚で1組になっています。t

l1みなと再生エリアに6本の国際信号旗を立て、エリアの確認をしていただきました。

 

 

ミッション⑦のカードに記されている内容は・・・

k左の国際信号旗の意味は次のどれでしょう。

① 本船は健康である

② 曳き船を求む

③ 私はあなたと通信したい

        正解 (    )正解を皆さん調べてみてください。

 e6bc81e58d94

今治港のお隣さんⅠ

 

美味しく新鮮な魚が売られている「今治漁業組合荷捌場」。一般の人も地元の美味しい魚を買うことができる市場なので毎朝多くの人が訪れます。驚くほど安い今治の魚をぜひどうぞ

 

 

ミッション⑧の指令は《今治港の大きなプロペラの直径と重さを調べよ!》です。

e291a7efbc91

e291a7efbc921e291a7efbc93

 

 

 

 

 

 

ミッション⑧のカードに記されている内容は・・・

造船の町を象徴するオブジェ。このスクリューがついていた船の全長はいくらでしょう。

このスクリューは、1977年に建造された 全長199.4mの貨物船「AMERICAN HIGHWAY」のものです。

このプロペラの裏を探し、直径と重量を調べよう!

直径         m

重量         kg

e5bf9ce381881

 

みなさん安全に気をつけてプロペラの後ろに行ってみてください。

今治市に本社や拠点をおいている造船会社のグループ全体で、日本全体の1/4を超える船舶を建造しています。

 

 

金星川の終点

e59bb31efbc91

 

今治城の外堀跡とも言われており、昔の汚れていた川が市民の力できれいな川になってきています。

金星川は、商店街に平行して、中心市街地を流れる唯一の川です。起点がどこか調べてみましょう。

 

 

今治キリスト教会跡地

e69599e4bc9aefbc91kyoukai明治12年、四国初のキリスト教会が今治に建立されました。この教会にあった鐘はアメリカの協会から送られ、日本三大洋鐘の一つに数えられていました。この教会の名残として、教会の門柱が現在の今治教会に残されています。

 

 ミッション⑨の指令は《ブルーテントの中でなにが行われているのか調べよ!》です。

 

e291a8efbc94e291a8efbc93

e291a8efbc92

 

 

 

 

 

 ミッション⑨のカードに記されている内容は・・・

 

efbc99e59bb31efbc94 みなと再生事業基本計画策定業務プロポーザルでは最優秀には「原広司アトリエ・ファイ建築研究所」などでつくる「A・N・K共同企業体」の計画案が選ばれました。

この計画は海事都市・今治の歴史と使命をコンセプトにみなとに600mのコンコースを創り、野外ステージや広場の他、空中に「浮島」のように浮かぶ施設を創ろうとする案です。

また「7年都市」という計画をたて、施設が出来ていく過程を公開し、市民と共にみなとを再生していこうという強い気持ちが現れていました。

 

 

ミッション⑩の指令はGOAL みなと探検BOOKを完成させ、マルシェと芝生を体験せよ!》です。

e291a9efbc91

e291a9efbc92e291a9efbc93e291a9efbc94e291a9efbc95e291a9efbc96

 

 

 

 

 

 

シビック・プライド 地元の新鮮で美味しいものを食べることもシビックプライドです

 

芝生広場

みなと再生では、沖洲広場が芝生が広がる憩いの公園になり、「カフェやマルシェ、野外ステージや市民スタジオが出来たらいいな」という意見があります。

芝生に寝転がったり座ったり、ピクニックをしてみたりし、将来の楽しみ方を試してみましょう!

 

 e291a9efbc97

e291a4efbc95e291a5efbc941e291a3efbc971

港周辺にはこのように、多くのものがあります。何故これだけ、いろいろなものがあるか・・・

それはかって港は交通の要であり、多くの人がいつも利用していた場所でした。

しかし船から車へ交通の手段が移行し今治の港は人があまり訪れない場所となってしまいました。

みなと再生構想では、「交通の港から交流の港へ」というコンセプトをたてています。

今治の発展にはなくてはならなかった港・・・今その機能が変化し、再び人(市民)が訪れる場所にするため、みなと再生プロジェクトは進んでいます。

ICPCは『みなと再生と市民をつなぐプラットフォーム』機能としてこれからも港を中心に活動を続けていきます。

 

 

 

 

みなと探検パフォーマンス③

e291a3efbc971ミッション④の指令は《船に乗って今治港と帆船「海王丸」を海から確認しよう!》です。

 e291a3efbc93

しまなみ海道の開通とともに、大幅に減少した船の利用者。どこに出かけるにも車が主となり、船に乗る機会は減っているのが現状です。小学生の中には、船に乗ったことのないお子さんもおられるのではないでしょうか。e291a3efbc92

 

そんなお子さんに船に乗り海から今治港、そして蔵敷埠頭に停泊している海王丸を見る機会を作ってみました。

当日の船の船長さんはとても、サービス精神旺盛な方で、普段体験できない船の醍醐味を感じることができたようです。

 

 

 

ミッション④のカードに記されている内容は・・・

 e291a3efbc91

 

道路が発達し、本四架橋が開通するまで、港湾ビルは市民の出会いや別れの場所でした。今治を離れるとき、訪れるとき、帰ってくるとき、港湾ビルのマリンブルーの壁を見て、「ああ、今治だ」という郷愁を感じていました。

尾道、三原、呉、広島、神戸、大阪、別府、大分など本州や九州の各地と今治港が結ばれていました。

 

 

 

平成21年5月21日23日。西日本で初めての国際海事展覧会BARI-SHIPが開催されます。

今治は、日本の外航船2,009隻の約30%に当たる600隻を市内の船主が保有。内航海運の船腹量は、国内の7%のシェア。

造船業は全国一の集積を誇る18事業所、建造隻数では国内の15%を占めています。

 

大型練習帆船「海王丸」は、「日本の海の王者たれ」と、昭和5年2月14日進水しました。 世界の人々からは「海の貴婦人」と賞賛(しょうさん)され、愛され親しまれています。

 

e291a4efbc91ミッション⑤の指令は《港湾ビル展望台に上がってみなと再生エリアを確認せよ!》です。

e291a4efbc92

e291a4efbc93e291a4efbc94e291a4efbc95

 

 

ミッション⑤のカードに記されている内容は・・・

 

 

 

e291a4efbc99

 

 

今は閉鎖されている今治港湾ビルの展望台。1日だけ解放し、みなと再生エリアを確認します。この示されているエリアを再生する予定です。

 

 

 

e291a4efbc98

港に直結している商店街は珍しく、四国では松山市の三津浜港と今治だけです。

船を降りて商店街を歩く・・・。

入口の新町商店街には鮮魚店や蒲鉾店が並んでいます。

今は人通りが少なくなってしまった港周辺を再生し、賑わいとトキメキを創e291a4efbc91efbc90り出そうと今治市は「みなと再生事業」を推進しています。

そのコンセプトは「交通の港から交流の港へ」です。

 今治港は、船の発着点であると同時に、路線バスのターミナル拠点でもあります。港から駅へ、市内各地へ、松山や新居浜へ、今は神戸や大阪、東京への長距離バスも発着しています。

 

e291a4efbc91efbc911

 

 

港湾ビルの前に石柱が建っています。飯 忠七(いいちゅうしち)さんです。

明治時代に大阪への押切船を開始し、航路を開設。特産の白木綿の交易を拡大し、蒸気船の今治寄港に尽力するなど、明治期の今治の発展に尽くし、今治海運業の父と呼ばれています。

 

 

 

ミッション⑥の指令は《水上交番の隣の徳富蘆花碑を上から見ると何の形か調べよ!》です。

 

e291a5efbc94e291a5efbc95e291a5efbc96

 

 

 

 

 

 

この徳富蘆花碑を上から見るとどうなっているのか・・・徳富蘆花はクリスチャンであったことから、十字(クロス)になっているのを子どもさんにも見てもらおうと、碑の前に工事用足場を組み、上からのぞけるようにしました。

 

ミッション⑥のカードに記されている内容は・・・

e291a5efbc911

徳富 蘆花(とくとみろか)さん

小説「不如帰(ほととぎす)」で有名な明治の作家。徳富蘆花は、今治を三度訪れている。最初は明治11年(1878)の夏、二度目は明治143月から翌年の6月までの14ヶ月。キリスト教の伝道を手伝うとともに、教会が運営する今治英学校で教鞭をとり、その思い出が、小説「思い出の記」や「黒い眼と茶色の目」に書かれている。三度目は大正7年(1918)、3日間今治に滞在。「蘆花日記」にこのことを記した。

 

e291a5efbc93 

e291a5efbc921徳富蘆花碑にはシビックプライドが天こ盛り!

設計は丹下健三、揮毫(きごう)は村上三島、撰文は和田茂樹。

村上 三島(むらかみさんとう)さん

上浦町出身の書道家。従三位勲三等旭日中綬章。

文化勲章受章者。

昭和2427年、日展で特選を受賞する。また、毎日書道展や日本書芸院展などに作品を発表し、昭和39年「秋分思子」で日展文部大臣賞。昭和43年「杜甫贈高式顔詩」で日本芸術院賞を受賞する。

 

丹下 健三(たんげけんぞう)さん

「世界の丹下」と言われ、日本人建築家として、最も早く海外でも活躍し、認知された一人。 第二次世界大戦復興後から高度経済成長期にかけて、多くの国家プロジェクトを手がける。また磯崎新、黒川紀章、槇文彦、谷口吉生などの世界的建築家を育成した。 従三位勲一等瑞宝章、文化勲章受章。フランス政府よりレジオンドヌール勲章受章。

和田 茂樹(わだしげき)さん

松山市出身の国文学者。京都帝国大学卒業後、愛媛師範学校教授、愛媛大学助教授・教授、松山商科大学教授などを歴任した。正岡子規に関する研究だけでなく、郷土文学研究に功績を残し、1981年から1996年まで松山市立子規記念博物館の初代館長を務めた。

 

シビックプライドとは、従来の愛着心や郷土愛よりも一歩進んで大好きな今治のまちづくりに参加する自負心のことを表しています。

郷土の偉人を顕彰し、外に向かって発信し、子どもたちに伝えていくことは、大切なシビックプライドです。

みなと探検パフォーマンス②

ミッション②の指令は《沖洲の先端に行き、波止場の決めポーズで写真を撮れ!》です。

e291a1

e291a1efbc93皆さん海上保安庁の巡視艇をバックに思い々のポーズを決め写真を撮られていました。

e291a1efbc94ちなみに写っている写真はICPCメンバーです。

 

 

 

 当日参加者の皆さんが各ポイントを回っている内に写真を印刷し、ゴールでお渡しする形をとっていたのですが、なかなか思い通りに印刷できず、後日お送りすることになりました。ご迷惑をかけた皆様どうもすいませんでした。

 

ミッション②のカードに記されている内容は・・・

clip_image002

巡視艇 せとぎり 

全長:35メートル 総トン数:110トン

 

 

 

《海上保安部の仕事》

海上における犯罪捜査、法令違反の防止

海難救助、天災地変に関する援助

海洋汚染の監視及び調査、海洋環境の保全

航路標識(灯台、灯浮標、潮流信号所等)の保守管理

海上交通の安全に関する事務

 

海の「事件・事故」は118番。110番、119番とともに覚えておこう!

 

全国に例のない街の真ん中を海峡が横断する今冶。日本三大急潮の一つ来島海峡を管轄する今治海上保安部は海の安全の守護者として活動しています。

 

ミッション③の指令は《平山郁夫画伯のしまなみ海道53次を探せ!》です。

e291a2efbc91

 

e291a2efbc92  

しまなみ海道開通次に瀬戸田出身で日本画家、文化勲章受章の平山郁夫氏が描いた「しまなみ海道53次」の石柱モニュメントがしまなみ沿線に設置されています。
 しまなみ53次は尾道市、今治市で平山画伯が描いた60点のうち多々羅大橋など海上部の12点を除き、陸上の48点の写生地に石柱モニュメントを設置しているそうです。

そのモニュメントが今治港にも設置されています。水際のプロムナードに設置されていますので探してみてください。

ミッション③のカードに記されている内容は・・・

e291a2efbc94

e291a2efbc93今治港の各桟橋(さんばし)ゲートの照明は、照明デザイナー海藤春樹さんが手掛けました。

 

 

pict_kaitou-big海藤春樹さん

演劇、ミュージカル、コンサートなどのステージ照明で旧来の概念を覆す独自の手法を開拓し、都市空間デザインの世界では「光」によって人と社会の豊かな広がりを表現するライトコンポーザーとして高い評価を受けている。近年は空間や様々なデザインの分野で、アートディレクターとして多くのプロジェクトにたずさわり、新しい時代における創造の可能性を切り開き続けている。

 

lvvtqm9tx8ybkefv

 

 

また今治城のライトアップも海藤さんが手がけられた作品です。

 

 

 

ミッション④は明日に続きます。

 

 

 

 

みなと探検パフォーマンス①

e6b8afe5868de7949fe5a794e593a1e4bc9aefbc91平成20年2月に答申された『みなと再生構想』。

その中で、ハード整備に先駆け、みなと再生を盛り上げるべく盛り込まれていたのが、ICPCという考え方。

ICPC(今治シビックプライドセンター)は港を整備するという公共空間をいかした街づくりを担うべく平成20年7月、ICPC運営会議としてスタートしました。

 

昨年はICPCがどのような形で活動をするのかという議論や先進地の視察を行い、今年の3月のICPCフォーラムにて、【いよいよみなとが動き出す。】と題し平成21年度のアクションプランを発表しました。

 

そして今年――。

まず初めのアクションとして行われたのが、『みなとマルシェ』。

昨年の議論の中で、ICPCのコンセプトは《市民と港再生をつなぐプラットフォーム》と決まりました。

そして今回のマルシェでは、まず『今治港の現在(いま)を確認する』という考え方の元みなと探検パフォーマンスを開催しました。

今治港の歴史やいろいろみなとの持つポテンシャルを10ポイントのミッション(司令)として巡ってもらうツアーを企画。

 

e38384e382a2e383bce58f97e4bb98efbc92

e38384e382a2e383bce58f97e4bb98

受付でツアーの全体図とミッション①を受け取りツアースタート。

みなと探検パフォーマンスに参加いただいた方は280人あまり――。

 

 

まずミッション①の指令は《今治港が国際貿易港に指定されたのはいつか調べよ!》です。

e291a0efbc911e291a0efbc922 

 

 

 

 

 

 

ミッション①のカードに記されている内容は・・・

 

 

 e68e98e589b2

 太平記に「今(いま)の湊(みなと)に舟をそろえ」のくだりがあり、古くから今張(後の今治)の名が船着場として記録されています。

旧今治港の起源は、慶長5年 1604)藤堂高虎(とうどうたかとら)公が20万3千石のこの地に築城し、城下町を建設、その城の北隅に舟入船頭町を造営したことに始まります。

 

 

rekishi_ka02

明治初年までは、小舟が出入りする港にすぎませんでしたが、その後、商工業の発展により、多くの船舶が寄港するようになりました。当時は、施設不備のためこれらの船舶は沖にいかりを繋ぎ、はしけ船で荷物の揚げ下ろしをしていました。

 

e381bfe381aae381a81

大正(11)年、今治港は四国初の開港場(国際貿易港)に指定されました。

 戦後の変動期には、港も一時衰退しましたが、昭和 26年重要港湾の指定を受け、今治港の安全宣言が告示され開港場(かいこうば)今治港は再び動きだしました。

 

 今治港は背後に紡績、タオル、織物、縫製品等の繊維(せんい)産業、造船業やその関連産業の発達した工業地帯を有するため、原材料及び製品を中継する港として発展しました。

 また瀬戸内海国立公園を擁する観光港として華やかな脚光(きゃっこう)を浴びました。

e58fb0e9a2a8e7acacefbc91e6a19fe6a98b-002e58fb0e9a2a8e78987e58e9fe794ba

昭和45年、台風10号によって被害を受けた今治港。東防波堤が決壊(けっかい)し、第1、第2桟橋、片原町フェリーボート桟橋は流出し、クレーンは全壊する被害を受けました。

施設の復旧は常識を超えたスピードで行われ、およそ1年で復旧。今治港の重要性を示す結果となりました。

 

 

e6b8a1e6b5b7e888b91渡海船(とかいせん)

渡海船は、島しょ部と今治港を結ぶ重要な役割を果たしていました。

要望に応じて、生産物を今治に運び販売し、必要な日用雑貨を購入するという便利屋さん。昭和30年代には50隻近くあった渡海船は昭和40年代に入り、今治と島を結ぶフェリーの就航とともに減少し、しまなみ海道開通後は、数隻にまで減少しました。

 

こういう形でみなとの歴史が紹介されました。明日はミッション②からを紹介します。

 

みなとマルシェ報告

e3839ee383abe382b7e382a7e5898d

 

みなとマルシェ全体編

 

 

        スタッフの集合は午前7時 雨の心配もなく絶好のイベント日和。前日に準備していたテントを持ち上げ、出店者の搬入待ちの状態が出来上がったのが午前7時30分・・・なんと1時間以上も早く完了しました。 

 

 

 

 e3839ee383abe382b7e382a7e79fb3e4b8b8

ICPC代表 石丸真智子挨拶

  午前9時スタッフオリエンテーション。「事故なく楽しんで一日お願いします。」と挨拶しました。この日参加していただいたボランティアは、北郷中学校・今治南高校・今治西高校・今治明徳短期大学・一般ボランティア合わせて60名以上。多くのボランティアで関わってくれた方々ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

e5ba97efbc94

 1回目のICPCの主催するイベントとあり、当初から参加

人数がどのくらいになるかということが見えないまま当日を

迎えたスタッフ一同。

 

 

e5ba97efbc91

出店者さんには、「なんとか千人は集めたいです」とお願いに回り、出店いただいたのは27社。

天気がよかったこともあり、千人以上の来場者がありました。

 

  

e5ba97efbc92 市長さんも視察に訪れ、11軒の出店者さんと言葉を交わしておられました。

 

 

 

 

 

e5ba97efbc93

「ICPC(今治シビックプライドセンター)の活動・顔が見えにくい」とご意見を受ける中

  ICPCはみなと再生事業と市民をつなぐプラットフォームとして、港を中心に活動を続けていきたいと思っています。

 

  今回参加していただいた、出店者の方々には次回に向けた貴重なご意見をおおくいただき、これからのICPCの活動にいかしていただければと思っています。

  

  やってみないと見えてこない、今回イベントを開いた沖洲広場のポテンシャル。

  やはり、皆さんがおっしゃるのは、駐車場のこと・・・

  人が集まる場所には、駐車場が必要不可欠なものとなっているのを実感しました。

e5ba97efbc96

 

 

e5ba97efbc97

 明日はみなとマルシェで行われた「みなと探検パフォーマンス」の報告をします。

 

みなとマルシェ開催します。

e38381e383a9e382b7e8a1a8

 『みなと再生プロジェクト』により将来整備される沖洲公園の憩いの空間を想定し、賑わいと交流の実証実験としてみなと再生前夜の今治の姿を確認し楽しみます。

 今治海事展と連携し、国内外からの集客を図り、対外的にICPCの活動を周知します。また漁協や近隣の住民と連携を図ることにより、みなと再生プロジェクトの理解を深めていただきます。

○マルシェ・・・

沖洲広場には1日限定のマルシェ(市場)が出現し、今治の新鮮で美味しい食べ物のお店が多数出現します!

○みなと探検パフォーマンス・・・

11:00~15:00の間、港の10のチェックポイントをおよそ60分かけて巡ります。船にのり、港・海王丸を見るポイントも用意しています。

ぜひ皆さんご参加ください。

e38381e383a9e382b7e8a38f

Home > みなとマルシェ Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top