Home > ICPCフォーラム Archive

ICPCフォーラム Archive

第2回 ICPCフォーラム

 

 

基調講演

  講師:野崎 隆一氏(NPO神戸まちづくり研究所 理事事務局長)

 街の再生に必要なもの

  協働や参画とかという言葉が10年くらい前から言われだした背景は今という時代は大きな物語が終わって小さくて多様な物語が始まったという時代の変化が起こっています。大きな物語は戦災後、国として経済を立て直す必要があるという大きな目標があって個人も自分が働く事が国の復興に繋がるんだという大きな視点がありました。それが、復興が終わって、繁栄し、バブルが弾けて経済の停滞期に入ってきています。今はそういった大きな物語が終わって先が見えない状態になっています。いろんな地域で自治会や地域の組織を担っている方々は皆さんが何を考えているかわからないという状態です。 個人個人で様々な価値観を持っていて、地域全体を考えて活動するような状態ではない。悪く言えば身勝手な人が多くなり個人の価値観が多様化してきて自分のやりたい事がそれぞれ違ってきています。大きな目標を掲げて何かしようとしてもやりづらくなっています。ハードを作ろうということになってもなかなかすんなりいかなくなっております。そういう時代だからどうすればいいのかということで、協働や参画が言われてきました。大きい物語があったときは行政が総合計画を立てて、10年後にこうなっているから今こうしているんだというのが明確でした。ところが、今は10年後、20年後の今治がどうなっているかを明確に言える人がいない。どういうことが必要かというと多様な価値観を持った人達が互いに考えながら集約していくことが必要になってきます。

  協働とは行政と市民が役割分担することではありません。行政がプランニングして市民が実行していくことではありません。我々も円卓会議をしながら行っていますが、市民側が一番大事にしたいことはプロセスですね。行政がこういうことを遂行したいという時にはこんなプロセスのデザインをしてこういうステップを踏むという事を共有して私も神戸市民参画推進局の局長と座談会での話では行政は予算を使わないといけない立場なので計画通りの遂行の必要がある中で我々市民側は趣旨が貫徹すれば形は変わってもいいではないか、むしろ市民といろいろ議論した結果修正でもいいのではないかという議論をしましたが、多様な価値観を持った人が集まる場合でもプロセスを重視して共有していくと段々集約していきます。こういうまとまっていくプロセスを大事にしていただきたい。

  今日のワークショップもプロセスを経ながら共有のステップを経て全体としてはこういうイメージだというのを共有することの一環としてワークショップに臨んでいただいたらと思います。

 

大きな物語から小さな物語への転換と人口減少社会の始まりでもあります。以前は人口も増え、税収も増える前提で様々な計画が立てられていましたが、2年ほど前から人口減少に転じています。そうなってくると全てが衰退や消滅などネガティブな判断しか出来なくなります。大事な事は減少局面になった時に物差しを変えないといけません。それをしないと未来が見えなくなる。成長から成熟へ、消費から循環へ活性化から持続可能な社会へという変更が求められます。ICPC大きな活動をされていますが、新しいブランドはすぐに作れるものではありません。無理に作ったブランドは支える力がないと衰退していきます。それよりも小さな活動をたくさん起こして繋げていく方が大事だと思います。ICPCに集まったデータがそれぞれのフィールドで小さな活動を起こしていく。それがICPCにネットワークとして繋がっていくという事がないと地道な活動として実っていきません。ICPCはスタートしたばかりですのでこれからどう積み重ねていくかです。楽しくなければ続きません。義務感やこうあるべきだとかの大所高所からでは続きません。逆に今治に外から人を集めようとするとそれも大事ですがそれだけに集中しないで身近なところで生活を楽しんでいくとその姿が外から見た時の魅力になるという組立方も必要でないかと思います。ICPCとして大きな目標を結集する前にメンバーが今すぐにでも出来る事を見つけて小規模であるが多様な活動をたくさん作りだすことが必要だと思います。地域の中に活動の資源をたくさん増やしていくことですが、新しく作らなくてもネットワークを繋いで話合っていく中でヒントが見つかり発見になると思います。小さな活動の中で節目ではグループの中で確認を行う。確認すると達成感が生まれます。その達成感を仲間で共有することでプライドが生まれます。

 

ワークショップの進め方説明

 セッション1 ワークショップは人との出会いを作ることです。その出会いの中で自分の出来そうな事を見つける場です。今日は次の4つの「賑わい」「支え合い」「歴史・文化」「環境」のグループに分かれて多様な価値観の中から同じ価値観を持った人と座っていただいています。最初のセッションで所属と名前だけの自己紹介をして例えば今治の環境についてはこういう課題があることやこういう問題意識を持っている等をそれぞれ発表しながら議論していただく。その後この課題にはこうすればいいのではないかを話し合います。課題や自分のやりたいことの共有です。

セッション2

一人残して場所を入れ替わります。宿主といいますが、4人の場合は3人が別のグループに移動して、移動することをここでは旅をするといいますが新しいグループで前のグループではこういう課題があり、こういうアイデアが出たと報告します。共通の課題や接点はないのかを話し合います。

セッション3

元のグループに戻って、移動したグループでの報告をして、接点が見つかったから一緒にできるかもしれない等の連携のアイデアを話し合います。最後に自分のグループの中で共有できたらこれが一番大事な事を決めて、課題を解決するための具体的なアクションを発表することを目的とします。

注意事項

1 人の話を良く聞く 発言が終わるまで待つ

2 一人があまり長く話さない たくさんの人がたくさん意見できるように

3 考えを整理してから話す

4 人の意見を否定しない

興味がある事柄を紙に書いていく。書く事で頭の中に印象づける

まとめ

・15分弱でテーブルで意見をまとめてこれが一番大事だと思うことをB4用紙にキーワードとして書いてホワイトボードに張る

・別の紙に大事なことを活かしてこうしてみたいという行動のアイデアを書く

・他グループと連携のアイデアがある場合は連携先のグループ名も書く

今治を語るワークショップ 

 「今治に何が必要なのか」「今治は何をすればいいのか」

1班 にぎわい(商業・産業・農林水産業・雇用)

   魅力の発掘、焼き鳥などあるものを郷土料理としてとらえて発信、しまなみの情報発信、今治城、イルカ・自転車・ヨット、まちなか居住、小中学校統廃合の土地利用、中心市街地居住者の実態調査、若い世代の参加やもてなしの心

2班 助け合い(福祉・子育て・教育・地域コミュニティー)

    まちにある物を市民が知る、市民の誇りと関心を高める、情報交換、今治大好き大会

3班 歴史・文化(祭り・歴史・文化・港)

   地域の特性を認識する、来島海峡、瀬戸内海などを今治の中で認識、しまなみ海道や坂の上の雲を今治にどう活かしていくのか、観光客をどう受け入れるのか、金星川の片側を公園にする、港のブランド化、環境豊かなまちづくり班との連携、歴史を掘り起こすために史談会と連携して情報発信

4班 環境(眺望・景観・自然)

   海、もてなす心、知る、楽しむ、歩く・・・・・知ると楽しくなる 楽しくなるともっと知りたくなる 人がつながる、自然を守る、マリンスポーツ、車の必要がない歩いて生活できるまち、住宅のシンボルカラーの制定、ブログによるまちづくり(景観写真)

気に入ったテーマ3つに投票

1班 まちなか居住、にぎわいの創出、しまなみの情報発信、島・海・橋を活かしたイベント

2班 誇りと関心を高めるための今治大好き大会

3班 港のブランド化

4班 知る・楽しむ・歩く

 

こうした初めて会った人の意見を引き出す手法をみなさんの活動にも活かしていただきたいです。普通の話し合いは意見を言う人と言わない人が分かれますが、ワールドカフェでは皆が均等に話せる仕組みが必要です。最初は話にくそうでしたが、すぐに活発になりさすがに今治で様々活動をしてきた方々だなと関心しました。更に他市ではこれだけ市議の方が市民の会合に入って1個人として議論することがあまりないので遠い存在と思っていた議員と話すことで身近に感じられて良かったとの感想もありました。これで結論という訳ではありませんが、今日の集約ではこういう結果になりました。

にぎわいのあるまちづくり

 

助けあいのあるまちづくり 

歴史・文化を伝えるまちづくり 

 

環境豊かなまちづくり 

第1回ICPCフォーラム開催

icpce38395e382a9e383bce383a9e383a01
ICPCは今年一年、みなと再生と市民をつなげるプラットフォームとして、様々なサロンや社会実験プログラムを実施してきました。
今回のフォーラムでは、今までのICPCの活動を報告するとともに、今月11日みなと再生基本計画策定業務事業者が決定し、いよいよ動きだしたみなと再生プロジェクトの今後の展開を議論します。
シビックプライドとはなに?
みなとはこれからどうなるの?
疑問に思っている方も、そうでない方も、是非足をお運び下さい。

開催日時 平成21年3月13日(金) 18:30~21:00(受付18:00~)
開催場所 今治市公会堂
主  催 ICPC運営会議

入場無料、予約不要

内容
《第一部》みなと再生構想
「みなと再生委員会とその意義」

《第二部》シビックプライドとは

《第三部》みなと再生とICPC

Home > ICPCフォーラム Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top