Home > 新しいみなと賑わい創出計画 Archive

新しいみなと賑わい創出計画 Archive

BARI NewPort Festival step.1 ~紙船を浮かべてみよう~

平成24年3月24日(土) ふれあいマリン広場 

より多くの人が『みなと再生』に興味を持ち新しいみなとに賑わいを創り上げる仲間として集まってくれるような「何か」を模索し行ったイベント。

晴天とはいかなかったものの、なんとか開催。ワークショップ参加者以外のスタッフが16名(子ども3名)集まっていただきました。

仲間を一人でも多く増やしていくためのイベントをこれからも行っていきます。スタッフとして参加していただいた方々からも「面白かった」という声が聞け『仲間の輪を広げる』という当初の目的は達成できました。

 

紙船を浮かべよう

紙船の折り方を5つ提示するなどし、参加者の方々の創意工夫を促しました。船を浮かべるという一見単純に思われる行為ながら、子どもたちの興味はつきることがなく、滞在時間は考えていたよりも長くありました。【海事都市今治の子どもは、みんな紙船を折れる】そうなるための第一歩。

子どもさんらの楽しそうな姿を見ると、新しいみなとを考える時、『水に触れる場所』というものも考慮する必要性を感じました。

 

今治《だいすき》倶楽部

今治を大好きな人を募集し、ボードに今治に対するメッセージを書いていただき、写真撮影をします。後日その写真を今治を愛する倶楽部のメンバーとしてつなぎ合わせweb上で公開します。

当日写真を撮影していただいた方は31名とまだまだ少ないものの、初めての試みながら、スタッフの手際のよさから、スムーズな進行ができました。

《今治の好きな所をボードに書いて撮影する》という単純なことながら、この輪を広げていった後の大きな可能性を感じるスタートを切ることができました。

 

 

 

 

アートパフォーマンス

イベントのたびに何か参加者により創り上げることを目的とし、今回はアートに着目。

上岡史拓(ふみひろ)さんによるアートパフォーマンスを行っていただきました。

 

 

即興で行ったフェイスペインティングでしたが、みなさんの反応は上々。子どもたちも次々に希望し、会場を笑いのある穏やかな空間に変化させる効果がありました。定期化していきそうな試みでした。

参加者の子どもさんたちと一つの作品を描きあげたのは海の絵。思いつきで子どもさんたちの船の作品を張り付けていきましたが、なかなか趣のある作品となりました。

 

 

ヨット体験乗船

今治ヨットクラブさんの協力により実現した体験乗船。ヨットという日常では体験できないものに触れる機会は、参加者の方々から好評でした。

 

今治ヨットクラブの方々が話す海の話・ヨットの話は海事都市今治の人材育成の入り口を感じました。みなとにはやはり船がつきもの。定期航路がどんどん減少していく今治港において、『どうやったら船が来てくれる、存在する状態を創っていけるのか』は大事な問題です。

今治ヨットクラブの方々からも『次は・・・』という声が聞こえ、これからの可能性を感じさせるものとなりました。

 

今回のBARI  NewPort  Festivalはみなと再生を推進する『仲間』づくりのために行われました。6月・11月とステップを重ね、より多くの仲間を集めるイベントを開催します。その後その仲間と供に、新しいみなとの賑わいづくりを推進します。

『新しいみなと賑わい創出計画』  モックアップ

3月10日(土) イベント当日に必要な資材を搬入し、実際にレイアウトしさらなる改善を図ります。

紙船を浮かべるプールに水を張り、船を浮かべてみました。

そのうえで

金魚を泳がしてみる。

プールに今治港をかたどった木枠を張る。

など、より楽しんでもらう案が浮かんできました。

 

今治《だいすき》倶楽部はボードに字を書き、写真撮影。みなとで実際に写真を撮ってみると何処をバックに撮影しても絵になる風景でした。

 紙船を折ってもらうベニヤ板はカラフルなものとし、子どもさんが楽しい雰囲気で折ってもらえるようにしてみました。

 

 

『新しいみなと賑わい創出計画』  マリン広場現場確認

 2月25日(土)イベント会場となるふれあいマリン広場に実際に集まり『使い方』のイメージを共有しました。各コーナーの配置も決めていきました。

マリン広場周辺にある階段の段差を利用し、紙船を折るスペースとするため、実際にベニヤ板を敷いてみました。

今治《だいすき》倶楽部の撮影ポイントを何処にするのか、背景等も考えました。

 最後に参加者全員で折り船の練習。大人が並んで折り紙を折っている風景は、ほほえましいものでした。

海事都市いまばりの子どもたちは全員折り紙で船が折れるようになれば・・・

家島出張ワークショップ~キャストの先輩に会いにいこう~

平成24年2月19日(日)

深夜に降った雪を気にしながら、18人の参加者で6:30に今治を出発し家島に着いたのが11:00、わくわくドキドキで島に降り立ちました。

兵庫県夢前町莇野(あぞの)地域の方々と一緒の視察の最初のプログラムはstudio-Lの神庭さんによる家島での取り組み説明。

2003年から取り組みがスタート。様々な課題を解決するために住民の方がNPOを創り立ちあがった。それに有した期間は4年。まちづくりにはほんと時間がかかるのだと実感しました。

 

 

昼食は家島の海鮮丼。魚は今治の方がおいしいかも・・・

 

昼からは特産品の販売会。おばちゃんたちが元気なこと。みなさん思い思いのみやげを購入しました。

 

その後家島街歩き。時間が限られているし家島自体が入り組んでいて広範囲なことから、一部しま回れませんでしたが。島特有の穏やかさや。風土をほんの少し体感しました。

 

最後に参加したひとの感想を書いておきます。

 

・自分たちでできる事からコツコツ積み立てている事が素晴らしいと思った

 『100万人が1回訪れる⇒1万人が100回訪れたくなる島』の目標にいつ行き着くのか

・今治は家島よりず~と恵まれている。基本コンセプトを作り、何年もコツコツと積み上げる事ができれば

家島の何倍もの効果が出る。

・「1万人が100回訪れたくなる場」のコンセプトは凄く良いが、何にどう取り組むべきか全くわからない。仲間づくりを広げて、大きな力にし、しっかりした方向性を早く作り、コツコツと修正しながらやり続けるしかない・・・?

・現在イベントを中心にみんなで動いていますが、家島の5年間の歩みを参考にするもよし、これから完成までの期間にどういう活動をしていくのか共有してみんなで同じ方向に進んでいきたいと思います。

・みんなでどこかに行くことは楽しいし、勉強になります。それがどんなところでもね。もっともっと、いろんなところで勉強したいですね。

・一般町民、ボランティア?で客をもてなす雰囲気に魅せられる。

・観光客や探索隊を招き入れる仕組みが手作りで好感。

・家島の名産品や探索地に負けないものが、今治にも一杯あるのだから、これをうまく内外に発信しながら販売や観光の振興を目指すべき、その為にはまずは多くの市民が今治の魅力をしっかりと認識すること

・今治市民の数多くが、多から来る人に対する“おもてなしの心”を育むことが大切

・家島を盛り上げるおばちゃんたちがイキイキと開発した商品の説明をしているのが、すごいと思った。パッケージの重要性を実体験で感じられている事が興味深かった

・今治には発信できるものがたくさん残されています。今回の研修のおかげでそれを再認識できました。

・「のりっこ」の説明をしてくれた女性がとても楽しそうで魅力的でした。リピーターを作るのは「人柄の力」だと感じた。

『新しいみなと賑わい創出計画』イベント企画会議

2月1日(水)旧商店街事務所にて、3月に行われるイベントの企画会議が開かれました。  

この日の目標として、  

 企画内容を詰める  

 担当チーム分けを行う  

です。  

  

  

  

  

  

  

この日決まった内容 

BARI Newport Festival ~紙船を浮かべよう~(タイトル決定) 

《1.目的》 

☆海や港に親しむ継続するイベント!☆ 

海-船に興味を持ってもらい、《みなと再生》に関心を持ってもらうため、まず折り紙で創る船教室を開催します。このイベントは、みなと再生後の新しいみなとにどのように賑わいを創るかと志民が考え実践する試みです。またみなと再生事業を一緒に推進していただけるメンバーを募集し、メンバー時計(バリィ24)を作成します。 

《2.日時》 

☆平成24年3月24日(土)  13:30~17:00 

  ふれあいマリン広場 :駐車場 沖州広場 

   

《3.内容》 

☆紙船を浮かべよう STEP1 折り紙で船を創ってみよう 

STEP1(3月24日) 折り紙で船を創って浮かべる(目標子ども 50人以上) 

      宿題を出してクラフト作成の次のステップにつなげる 

STEP2(5月予定) クラフトで作成浮かべるのみ(目標100人) 

      3月の大きい版を創る 

STEP3(8月11日) 実際に海に浮かべてみよう(目標2000人) 

      潮の都合場3時ごろに浮かべる 

      最終目標は段ボールで 

       *人は乗せない。物(例えば塩:塩田の塩を運ぶために海運発展) 

       *規定を創り宿題のような感じで作ってきてもらう 

 ☆バリィ24(メンバー時計 今治大好きイケてるメンバー) 

STEP1(3月24日) サンプル撮影会 

  撮影場所 折り紙会場 

  趣旨等の説明書(説明の仕方) 

  著作権・肖像権免責・方針を掲載した同意書 

  プログラムについては6~8万で作成可能 

  機材:カメラ・レフ板・ストロボ・時計ボード 

STEP2(5月) 5月でも撮影会 

  試しに時計完成? 

  5月以降は撮影会方式(事務所にきてもらう:趣旨説明) 

STEP3(3月24日) サンプル撮影会 

  ICPCのPRになる。お土産プレゼントを創る 

  9月にイケメン時計 完成品発表:バリィ24完成 

  プロフィールをもとにコンテストを行う 

次回にはこれからさらに内容を煮詰めていきます。

第7回 『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会

1月25日(水) 港湾ビル4F会議室 第7回で、あたらしいみなと賑わい創出計画のワークショップが開かれました。

この日は観音寺でまちづくりに関っている5人のお客さんも参加しにぎやかな会となりました。

まずStudio-L神庭さんから、前回の内容について振り返りがありました。その後前回出てきた三つの案をどうイベント化していくかを話し合い、集約していく方向で考えることを確認。

 ○前回の案のうち2つの案「カチカチ山レース・B級イケメン大会」の二班に分かれ、話し合いを行いました。

 

 

その後各班で話し合った内容を全体で共有しました。

カチカチ山コンテスト

・船を創ってみよう・それを浮かべてみよう

・3月 折り紙で作る勉強会を行い子どもたちと創る

 海事の方、造船所の方などを交えて、勉強会ができればいい

・5月 沖州にプールをつくり、実際に浮かべてみる

     ちょっと大きくする、クラフトレベル

・9月 実際に海に浮かべる

    滑り台みたいなものをつくりすべらすなどして競う

    人が乗らないまでも、何か載せれるような大きさにする(次回のバリシップには乗せたい) 

・毎年やりながら、最後は世界レベルの大会にしたい

・夏休みの宿題で、絵画であったり、織り方の募集をしてもよい 

・船の名前をつけてもらう賞などをつくる

B級イケメン大会

・イケメンの写真を撮影し、イケメン時計をつくる

・二つの案をやるのか?二つやってぐだぐだにやるのは避けたい

・イベントの設定によって1年がかりになる。

 写真でイケメンを・・・ 一つにしぼるのか・・・

・船のイベントを盛り上げる一つのコンテンツになるのではないか

 仲間の顔を写真に⇒メンバー時計(あだななど載せて)

・イケメンから外れてメンバー時計に・・・

 仲間づくりに繋がる

・カチカチ山・メンバー時計を同時進行で行う。 (みなさん合意)

 集まってきた仲間に対してもフォローしていく

 

方向性も決まり、3月のイベントに向け、決めておかないといけない事、作業工程を二班に分かれ付箋に書き共有しました。

議論は議論を呼び終了予定時間を過ぎてもまだまだ決めないといけないことが多いことから臨時の企画会議を開催することに・・・

みなさんイベント開催に向け熱を帯びてきました。

第6回 『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会

12月19日(月) 第6回 『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会を美須賀コミュニティプラザにて開催いたしました。

この日の目的は                                   

・3月に行うイベント内容を考えるです。

その前にstudio-Lの神庭さんから、今まで話し合ったみなとで活動できると思われる、賑わい創出コンテンツ24を具体例として提示してもらいました。

 

 

 

みなとに賑わいを創るためにどうすればいいのか・・・

イベントの内容を考えただけで人は来るのか・・・

みなとに賑わいを創るために、また24の提案を実現させるためには、まだまだ仲間が足りません。

その状態を打開するため、またイベント企画の方法を参加者で共有するために、3月に行うイベントの企画を話し合いました。

3つの班に分かれ案を出しました。

3つの案のすり合わせは次回行います。

第5回 『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会

11月13日(日) 第5回 『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会を美須賀コミュニティプラザにて開催いたしました。

この日の目的は                                   

・これまでの活動の総括

・仲間づくりのためのものを考える                                   

です。

こんな今治になったらいいなという理想は2回目のワークショップで出てきた。しかしそうそうすぐにはできない。

前回は4つのグループ(交流 遊ぶ 学ぶ 食・売る)に別れて考え「こんなことしたい」というのは集まったが『誰がやるの?』ということは問題として残っている。

出てきた内容をいくつか実行していくなかでも、仲間を集める必要がある。それぞれのやりたいことで市民の方を集めていくのは難しいのではないかと思います。

これまで出てきたやりたいことを一回忘れてみんなが集まって一つのものを達成する、大風呂敷を一回広げた方がいいのではないかという気がしました。

皆であつまって半年ぐらいかけて一つの何かを実行する。実行する過程でできてくる仲間・チームを作っていくことをしたらいいのではないか・・・ 

その例として栃木県益子町で行われた『土祭』について話があった。

  ○街を良くするため、仲間あつめのためにイベントを行うこととした。

○実行委員会づくり

 ○チームを作った 31(内役所が3チーム)チーム 262人が参加した

○いよいよイベント二日前、皆さん準備のために走り回っている時に、イベントのためにチームを作ったのではないということを言った。

○31のチームを作るためにイベントを行った。半年話し合いを行い、イベントのため2週間一緒に実行した仲間がこれからの街のために活動しはじめた。

街をよくするために・・・こんなことがやりたいはいっぱいあるが、『誰がやるのか』という問題がある。まずより多くの仲間を作る必要があるのではないか。

 友達をさそいやすいものをまず、今きている皆でやる必要がある。 

 

単にイベントをやること自体が目的ではなく、それを介して多くの仲間の人に集まってもらうこと、そして集まった人で役割分担をして組織化していくということ。

その後今治の街づくりをしていくこと、それが商店街のためになったり、新しい知り合いができたり、チームができたりすることが目標である。

山崎さんの話のあと

どんなテーマを掲げると友達をさそいやすいのか』について話し合った。

その注意点として、

1.イベントが目的ではない

2.イベントを通じて知り合った人と街づくりをするためにどんなテーマだったらいいのか 

以上の内容に注意し、皆さんで話し合いました。

  

  

 

以上の内容が皆さんから提案いただきました。

次回はいよいよみなさんで、仲間集めのための『何か』を決定していきたいと思います。

次回は12月19日(月) 19:00~ 美須賀コミュニティプラザとなります。

この会はオープンな会となっておりますので、みなさんどんどんおこしください。

 

第4回 『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会

10月18日(火) 第4回 『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会を今治中央公民館にて開催いたしました。

この日の目的は                                   

取り組みを具体化していく

です。                                   

その上で前回までの内容のおさらいをstudo-Lの神庭さんにしていただきました。

 

このワークショップでは、みなとを含む中心市街地を市民の目線で提案し、計画としてまとめていきます。

いままで出てきたアイデアを五つのカテゴリーに分けて見ました。

交流・学ぶ・遊ぶ・食べる・販売するです。

この日は、『交流』『学ぶ』『遊ぶ』『食べる・販売』に分かれ話し合いを行います。

その前に事務局から9月28日・29日に横浜を視察してきた内容が発表されました。

横浜の山下公園では管理する側と利用者の間に入って、活動するキャストは見受けられなかった。

横浜には魅力が周辺に数多くある中での公園の位置づけでありが、今治でいえば「新しいみなと」に数多くの魅力が存在する状態にしないと、交流のみなととするのはむずかしい。

など実際に訪れることで感じたことなどが発表されました。

 続いてみなとの活動を具体化するワークです。

自分たちがお客さんとしてみなとを訪れるのではなく、運営側になってお客さんを招いて活動する視点で考えました。

グループ分けは『交流』『遊び』『学ぶ』『食べる・販売』です。

 

今までの出てきたアイデアを抽出し、実現性の高いもの・1人でできることから1000人でできることなど、各グループで検討します。

各グルーブで検討された内容は以下のとうりです。

第3回 『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会

9月23日(金) 第3回 『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会を今治中央公民館にて開催いたしました。

この日の目的は                                   

前回の今治港周辺の魅力・課題を踏まえたうえでフィールドワーク

今治市街地及び港周辺で活動するコンテンツ整理。

です。                                   

その上で以下の内容で会を進行しました。                                   

○開会・前回のふりかえり

○今治クイズ  

○フィールドワーク

○今治周辺で活動するコンテンツ整理

発表、まとめ

○次回の説明

○閉会

この日の参加者は、15名。祝日の昼間、そして4時間のワークショップにも関わらず多くの方が参加していただきました。

まず前回説明を事務局で行いました。第2回ニュース

その後前回の課題で出てきた、『今治を知らない』ということから、参加者の白石雄大さん・阿部智之さん作成による今治クイズがおこなわれました。

盛り上がりとしてはもうちょっとの内容でしたが、自発的に学生が作成してくれた内容に参加者からは大きな拍手が送られました。

その後Studio-Lの神庭さんから、新しいみなと賑わい創出計画の参考となる全国で行われているみなと再生の10の事例が紹介されました。

そして今日のメインイベントみなと周辺のフィールドワークです。

改めて、みなと再生区域を歩きながら見て回ることにより見えてくるものを期待したフィールドワーク。

みなとの持つ問題等を参加者で共有しました。

まずみなと交流センター建設予定区域を前に建物の全体像を共有しました。

その後、内港に係留されている壊れた船などの問題も足を止め話し合いました。

今治ヨットクラブさんからは今治の海の駅の現状を話していただきました。

来島海峡・多島美という全国に誇れる財産を持ちながら、海の駅としてはちょっとさみしい状況にあることなど、具体例をあげながら話していただきました。

またシクロツーリズムの山本さんからは、今治市の自転車の状況など話していただき、新しい港にほしいコンテンツ等共有しました。

みなと再生区域を実際歩いてみて、

・端と端では何をしているかわからない。

・思ったより600mというのは長い

・これだけの区域を再生するのか!

 など歩いて実感されていました。

その後美須賀コミュニティに場所を移し、新しいみなとで活動できるコンテンツを出し合うワークショップを行いました。

 

みなさんが話し合った内容は以上のとうりです。

 

次回は今回整理したコンテンツ等をグループわけを行い、具体的な内容として深化させていきます。

そして優先順位等をつけながら、具現化させていく作業を行います。

第4回 『新しいみなと賑わい創出計画』作成委員会

10月18日(火) 19:00~21:00 中央公民館3Fとなっております。

多くの方のご参加をお待ちしております。

Home > 新しいみなと賑わい創出計画 Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top