Home > 絵画コンクール Archive

絵画コンクール Archive

「今治の港にこんなものがあったらいいな!」絵画コンクール 全作品展示

「今治の港にこんなものがあったらいいな!」絵画コンクールの全作品が商人まつりに合わせ、美須賀コミュニティープラザで開催されました。今年応募いただいた410点の作品を展示しました。今年は審査員特別賞の他来場者が選ぶ『観客賞』を設けました。入選作は以前お伝えしましたが、今年は本当に作品のレベルがあがり、来場者の方々も多くの時間を費やし作品をみていました。

 

今年の観客賞はこの作品。

日高小学校 3年生の作品です。

『魚がたくさんいる水族館のある町になったらいいな。今治の海にいる魚をたくさん入れた水槽を作ってほしいです。』

そしてこの展示会の目玉はなんといっても愛媛県建築士会今治支部長賞の作品を模型にすることです。

日高小学校 4年生の作品

『身近に魚が見えるよう、すべてガラスでその周りを「魚」が泳ぐロマンティックな感じにしてみました。またえさやりをしたり、建物の上にゾウのすべり台や、ふんすいを作って遊べるようにもしました。』

この作品を図面に起こしたのがこちら。

そして実際に模型として作成。

 賞を選んだ時に「どんな模型になるのだろう?」と心配していたのですが、いざ模型を見てみるとイメージを超え、すばらしいものが出来上がっていました。現在この作品は市民会館1階に11月3日まで展示しています。その後小学校を訪れ、学校に展示してもらいます。

今回は作品展示のほかに今治出身の建築家 丹下健三さんを紹介するコーナーや、6月28日 美須賀小学校で行われた『今治市伊東豊雄建築ミュージアム」整備にかかるプレソフト事業 子どもワークショップ』で美須賀小学校の6年生19人が作った模型の一部、そしてみなと再生事業での模型やワークショップでの学生提案などが展示されました。

建築という視点で、現在今治で行われているさまざまな事業が網羅されている空間は、想像以上に来場者に好評でした。

「今治の港にこんなものがあったらいいな!」絵画コンクール 最終審査

平成22年9月17日 「今治の港にこんなものがあったらいいな!」絵画コンクールの最終審査を行いました。             

             

この日審査した作品は第一次審査を通過した150点。この中から入選作20点を選び、その中から特別審査員賞を選定します。             

              

この日審査を行ったのは、愛媛県建築士会今治支部・ICPC協議会・そして特別審査員9名です。            

審査にあたった特別審査員は(敬称略)今治市長 菅 良二・ICPC協議会代表 友田 康貴・今治商工会議所会頭 村上 景一・今治市教育長 高橋 実樹・商店街協同組合理事長 新居田 哲理・A・N・K共同企業体 西沢 大良・画家 立体作家 加納 果林・画家 曽我部 直子・愛媛県建築士会今治支部長 大野 順作の方々です。             

 各々5枚のカードを持ち、気に入った作品に1票投票しました。            

            

             

 各部門応募比率に応じて、第一次通過作品数・入選作数を設定しました。             

《小学校1・2年生》161点⇒50点⇒8点             

《小学校3・4年生》135点⇒40点⇒7点            

《小学校5・6年生》81点⇒30点⇒3点            

《中学生》30点⇒2点             

この20点の中から審査員特別賞を選びました。             

入選作10点             

         

         

         

         

         

        

        

         

    

    

今治市長賞    

            

ICPC協議会賞   

             

商工会議所会頭賞   

             

今治市海事都市交流委員会賞   

             

今治市教育長賞   

             

商店街協同組合理事長賞   

             

審査員特別賞 西沢大良   

             

審査員特別賞 加納果林   

             

審査員特別賞 曽我部直子   

             

愛媛県建築士会今治支部長賞   

             

審査後審査員の方々から審査の感想をいただきました。

画家 立体作家 加納果林さん

「子どもたちにあっとうされアイディアを活かしたいと想うものもあった。このような発想の子どもたちがいっぱいいる今治市になったら素敵。」

画家 曽我部直子さん

「子どもたちは発想力が少ないと思っていたが、子どもたちの方がすごかった。このような人が集まる今治になってほしい。」

A・N・K共同企業体 西沢大良さん

「低学年の奔放な発想はおもしろくて、全然希望を捨てていない。今の港は子どもたちにとってどちらかといえば、おもしろくない所であるのも関わらず、ポジティブに海の楽しさを考えていた。勉強になった。できる限り活かしたい。」

商店街協同組合理事長 新居田哲理さん

「この作品を商人まつりで全作品展示していただけるのはありがたい。」

今治市教育長 高橋実樹さん

「今治を愛する子どもをどう育てるかを日々考えています。この作品を見て子どもたちの夢を改めて感じました。主体的な子どもを育てていきたい。」

今治商工会議所会頭 村上景一さん

「小さい子の方が発想が豊かであった。実現できるかどうかを見ている自分が恥ずかしかった。その上でアイデアをみるようにした。港がどうなっていくかは大事。」

ICPC協議会代表 友田 康貴さん

「非常に楽しかった。選んだ作品の考えは自分にはなかった。形になるとは思わないが、夢のある港になってほしい。」

今治市長 菅良二さん

「現実を見がちだが、未来に向かっている子どもたちの思いを繋げていきたい。みなさんと一緒にこの作品を拝見させていただいたことがよかった」

全作品407点は10月22日・23日の商人まつりにて商店街に展示します。また 愛媛県建築士会支部長賞の作品は模型にされます。絵がどのような模型になるのか、お楽しみにして展示会場におこしください。            

 

「今治の港にこんなものがあったらいいな!」絵画コンクール 第一次審査

平成22年9月15日 絵画コンクール第一次審査を開催しました。

 

今年は小学校23校・中学校3校、407点の作品の応募がありました。

この作品を《小学校1・2年生》《小学校3・4年生》《小学校5・6年生》《中学生》の4部門に分け審査を行いました。

審査に当たるのは、愛媛県建築士会今治支部・ICPC・今治市職員の面々です。

各々10枚のカードを持ち、気に入った作品に最大3票まで投票しました。

各部門応募比率に応じて、第一次通過作品の数を設定。

《小学校1・2年生》161点⇒50点

《小学校3・4年生》135点⇒40点

《小学校5・6年生》81点⇒30点

《中学生》30点に関しては応募数も少ないことから全作品第一次審査通過としました。

 

第一次審査通過150点は9月17日の第二次審査に進み、入選作20点を選びその中から審査員特別賞10点を選びます。

応募していただいた407点の作品は10月23・24日の商人まつりに合わせて、美須賀コミュニティプラザにて全作品展示いたします。

第2回いまばりのまちをつくろう絵画コンクール

今治の港にこんなものがあったらいいな!

この絵画コンクールは(社)愛媛県建築士会 今治支部が主催し、今治市とICPC協議会が共催で行う絵画コンクールです。

私たちがすむ「今治」がもっとたのしくて、にぎやかになるには、あなたなら今治の港にどんなものがあったらいいなと思いますか?

あなたが考えるこんなものがあったらいいなと思うものを自由に描いてください。

  

●応募のきまり

・今治市内の小中学生が対象

・個人またはグループでも可

・八つ切り画用紙一枚(たて、よこ自由)

・画材は自由(絵の具、クレヨン、色鉛筆など自由)

・未発表の作品であること

・画用紙裏面に指定用紙(必要事項を記入)を貼り9月8日までに提出してください。

全作品展示

平成22年10月23日(土)・24日(日) 商店街商人まつり

昨年の展示風景

 

(社)愛媛県建築士会今治支部長賞の作品は、子どもさんの絵からスケッチをおこし、模型を作成します。

昨年の(社)愛媛県建築士会今治支部長賞の作品

作成された模型

  

お問い合わせ

ICPC協議会事務局 32-5126 

  

Home > 絵画コンクール Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top