Home > 市民ワークショップ Archive

市民ワークショップ Archive

市民ワークショップ②

市民ワークショップで話し合われた内容をご紹介します。

1班「公園・広場」-海と人々を繋ぐ みなと広場-

 市民・学生が話し合った内容

  

 2班「交流」 -海と街の握手-

3班「海事」 -交通の船から交流の船へ-

4班「観光」 -サイクルひとくる今治めぐる-

 5班「情報発信」 -海と町をつなぐ-

 6班「市民活動」 -Bouding MINATO-

 7「健康・福祉」 -みなとで海水浴-

 

 8班「船」 -船で船を釣る-

市民ワークショップ①

平成22年8月29日 『みなと再生基本計画策定作業 市民ワークショップ』が地場産業振興センターで開催されました。

この市民ワークショップは 三回の事前ワークショップ・学生ワークショップを踏まえ開催されたました。

 

友田代表からは「今日一日皆さん一人一人がICPCのメンバーとなったつもりで、これからの港を考えてください」と挨拶がありました。

まずANK共同企業体の西沢大良さんから事前ワークショップのまとめとグループの振り分けについて説明いただきました。

事前WS意見一覧

事前WS意見分類

その後、学生から自分たちが考えた案のプレゼンテーションがありました。

各班参加者の市民の方々に、自分たちの案を伝え、後の意見交換に参加してもらえるよう必死にプレゼンをしました。

 

 学生のプレゼンテーションの後、学生との意見交換を行い各班の提案について、疑問点や気がついたことなどを書き込みました。

参加者、学生が一緒になり、案の実現性を考えました。

その後各グループに分かれ、疑問点や具体的な案にするため話し合いが行われました。

この時、愛媛県建築士会今治支部の方々がファシリテーターとして各班についていただき、議論をスムーズに進めていただきました。

 その後話し合った内容を各班が発表し、全体で共有を行いました。

最後にANK共同企業体を代表して原広司さんから「この案を持って帰り、実現性を検討し、なんらかの形で基本計画に反映させる。再度市民の皆さんにこの案がどうなったのか示す機会を設ける」とお話がありました。

市民ワークショップは予定調和で開かれたものではありませんでした。『事前ワークショップで出てきた意見をどう反映させ、市民ワークショップの形にできるのか?』が大きな課題でした。

学生が創る案は出来上がった案ではありません。市民がその案に対して意見を述べ、再度その案を練り上げていくものでした。

市民が関わり創り上げる『新しいみなと』はこのような話し合いの積み重ねによって具体性を持ってきます。

8つのグループのアイディアは「海の視点」が大いに盛り込まれた内容でした。その中には「港」を海と陸とを繋ぐものとしての考えがあり、「海と陸とを繋ぐ」→「人と人とを繋ぐ」という考えが含まれていました。

今回話し合われた内容は「こういうものができたら人が訪れ、そこに交流が生まれる」というものばかりです。「交通の港から交流のみなとへ」という港再生プロジェクトのコンセプトをより具体的にイメージにする機会となりました。

皆さんが話あった内容等は後日示します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市民ワークショップ 学生ワークショップ③

中間プレゼンテーションを終え、目標が定まった学生はアイディアシート完成に向けラストスパート

仮眠をとるグループ、出来上がるまで寝ないグループ。この日の昼に市民へのプレゼンテーションを控え、全ての学生が真剣にシートを作り上げます。27日昼に集合し、実質2日間で具体的な案にまとめる集中力には圧倒されました。

 

 朝日を浴びながら作業に没頭する学生の姿・・・

今治のため・港再生のために真剣にそして黙々と作業をする姿に感動しました。

出来上がったグループはプレゼンテーションの練習。自分たちの案を短い時間でいかにわかりやすい言葉にするのか・・・

学生さんにとって今回のワークショップが実りの多いものとなってほしいと思いました。

  

学生が創った8つの案

「公園・広場」 -海と人々を繋ぐ みなと広場-

 

 「交流」 -海と街の握手-

「海事」 -交通の船から交流の船へ-

「観光」  -サイクル人くる今治めぐる-

「情報発信」 -海と町をつなぐ港-

 

 「市民活動」 -Bounding MINATO-

「健康・福祉」 -みんなで海水浴-

 「船」 -船で船を釣る-

 

29日の市民ワークショップの模様は後日。

市民ワークショップ 学生ワークショップ②

二日目の朝8時から学生は作業を行う港湾ビル4Fに来ていました。

この日に大筋を決定しておかないといけないので、真剣な表情で皆さん作業を行っていました。

 

 各班出されたテーマにいかにアプローチするか・・・

そしていかに自分たちらしいオリジナルな考えにするか・・・難しい作業は続きます。

 

 港を再生する上で重要な視点は『海からの視点』です。

 海から見る今治はどううつるのか?実際に船に乗りイメージを膨らませます。

このクルージングでは、波止浜湾の造船所群・来島水軍の本拠地来島・造成中の伊東豊雄建築ミュージアム・島が連なる風景など見て回りました。

今治人にとって当たり前の風景である造船所のある風景は『海事都市今治』を実感するものとなりました。

造成中の伊東豊雄建築ミュージアム

クルーズの後は中間プレゼンテーションに向けて詰めの作業。

原先生から、とにかく分かりやすさが重要であるという励ましがありました。

中間プレゼンテーション

それぞれの班が現在の状況を発表します。

 

 公園広場

 交流

 

 海事

観光

 情報発信

  市民活動

 健康福祉

 船

 

各班発表を行い修正ポイントが明確になりました。

10時を過ぎた中間プレゼンテーションを終え、学生は徹夜の作業でアイディアシートを仕上げます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市民ワークショップ 学生ワークショップ①

8月29日の市民ワークショップの一環として学生ワークショップが8月27日~29日に開催されました。

今回のワークショップには、東京大学・日本大学・東京工芸大学・立命館大学・愛知淑徳大学・神戸大学・大阪大学の学生28名が参加していただきました。

こういったワークショップに初めて参加する学生も多くいました。

今回のワークショップに参加している学生に課せられているハードルは高く、始めの挨拶の時には期待と不安が入り混じったものもありました。

今回の学生ワークショップは以下の目標を持ち開催しました。

1:全国から集まった学生と市民による、事前WSの市民案の具体化。

→事前ワークショップの案を8つのグループに分けその案の具体的イメージを学生が市民に提示。

→市民+学生チームでディスカッションしながら提案シートを完成させる。

→先進地事例ではなく、今治の風土にあったオリジナルの施設を考える。

2:「パブリックコンストラクション」への参加

 →よそもの・ばかもの・わかものの眼を持ってみなと再生を考える。

 →WS終了後、ICPCは市民案を市・関係者に提出する。

 →ANKは市民案のさらなる具体化をはかり、今治市民に提示する。

この目標を達成するべく学生は2泊3日の短い間に今治を感じ、具体的な提案をしていただきました。

事前ワークショップの内容を集約し8つのクループにわけました。

  機能グループ名 事前WSにおける内容
グループ1 公園広場 公園(8)/フリースペース(4)/スポーツ広場(7)/野外音楽場(2)/浮きコンコース(1)/駐車場(8)/駐輪場(3)
グループ2 交流 魚市場+レストラン・カフェ(8) /魚市場(2)/レストラン(2)/カフェ(2)/レンタサイクル(7)
グループ3 海事 教室(2)/海事大学院(2)/海事資料館(5)/海事外車(1)/船舶関連ビジネス拠点(1)
グループ4 観光 水族館(3)/展望台(3)/物産館(2)/資料館(2)/江戸時代の長屋(1)/海・道の駅(1)/記念館・美術館(1)/伝統芸能市場(1)/野間馬馬車のりば(1)/テーマパーク(1)/城下町街道(1)
グループ5 情報発信 大学インフォメーション(1)/コミュニティFM(3)/エコパーク(1)/ギャラリー(1)/観光案内所(5)/B級グルメ(1)
グループ6 市民活動 コミュニティセンター(1)/パブリックコンストラクション(1)/女性総合センター(1)/屋内フリースペース(1)/会議場(1)
グループ7 健康福祉 温泉(2)/病院・高齢者住宅(1)/スポーツ施設(1)
グループ8 船上ブライダル(1)/海上ステージ(1)/釣り堀(3)/貸しボート・渡し船(3)/ヨットハーバー(4)/船上ホテル・ユースホステル(2)/観潮船(1)/クルージング(1)/マリンスポーツ体験施設(2)
個別の検討が必要なため、ディスカッションでは取り扱わない機能
ショッピングセンター(1)/焼却炉(1)/台風対策(1)/橋(1)/トンネル(1)/雇用創出のための会社(1)/公務員官舎(1)/防波堤(1)/喫煙所(1)/体験市場(1)/海中トンネル(1)/警察署(4)/市役所別館(2)/海上保安庁(1)

 28人が8つのグループに分かれ、具体的な絵や文章におこし、29日市民の方に提示します。

 見た人がわかりやすく、議論の土台となるようこのアイディアシートにおとしこみます。

ガイダンスの後、学生は市内見学ツアーに出発。建築を志す学生にとって、丹下健三さんの故郷今治は特別な土地で、みなさん真剣に各所見学しました。

 

 愛媛信用金庫 今治支店

 

今治市公会堂

今治城

 今治港周辺

見学ツアー終了後、各班に分かれ案の方向性を探りました。

 

 

 

 

 

 

 

第3回 事前ワークショップ

『聞かせて!知らせて!あなたの思い!』

第三回事前ワークショップを8月5日(木)19:00~21:00 地場産業振興センター4Fで開催しました。 

今回のワークショップには海で活動をされている方々などに集まっていただきました。

そして今治出身で神戸の方で生活されている建築士の方もお二人わざわざ参加していただきました。

三回目にはA・N・K共同企業体から西沢大良さんに来ていただき平成21年度の業務報告を行っていただきました。

今回も愛媛県建築士会今治支部の皆さんが各班につくファシリテーターとして参加していただきました。

 

 

三回目ということもあり、グループワークもスムーズに進み、有意義な時間を共有することができました。

 

 西沢さんからは「確固たる意見を持った方が多く参加していてとても楽しかった」という感想をいただきました。

また「何処まで市民の皆さんの意見を反映することができるかわかりませんが、短い時間の中でやります」ともおっしゃっていました。

次回8月29日には三回の事前ワークショップを集約した形で市民ワークショップを開きます。

みなさんぜひご参加ください。

2回目 事前ワークショップ

『聞かせて!知らせて!あなたの思い!』

第二回事前ワークショップが7月29日(木)19:00~21:00 今治港湾ビル4Fで開催しました。 

 

 

 港湾ビル4Fからみた海の景色・・・

こんな景色が港湾ビルから見えることも今回初めて4F会議室でワークショップを開いたことにより知りました。

夕景はワークショップが始まり見えなかったのですが、きっとキレイなのでしょう。

 

 さて今回のワークショップは、みなと周辺の方々を招いて行いました。

周辺自治会・旅館・銀行・fmバリバリ・そしてみなとでずっとスケートボードの練習を続けてきた若者5人が参加してくれました。

彼らはマリン広場で練習を続けてきた若者です。

すごく礼儀ただしく、ワークショップで堂々と自分たちの意見を言っていました。

もちろん内容はスケートボードのできる場所の確保。

彼らはみなとに常設で大きい施設を求めているわけではありません。ちょっとしたものがあり、スケートボードを受け入れてくれるだけでいいと。

自分たちの意見が必ず反映されるとも思っていません。しかし「自分たちの意見が反映されたらいいですね。」と目を輝かせて言っていました。

どんな施設が必要なのか?皆さんと一緒に考え「いろんな人と話せて楽しかった」「今回は遅れてきてあまり意見が言えなかったので次も行きます」とも言ってくれました。

 

さて今回も愛媛県建築士会今治支部の皆さんがワークショップのファシリテーターとして参加いただきました。

二回目の方も多く、話し合いがスムーズに進んでいきます。

「みなとの施設を作る時、台風の被害の問題や塩害等には配慮が欲しい」とみなと周辺に住まわれているから出てくる意見も今回はありました。

今回も様々な意見がでました。

次回8月5日(木)地場産業振興センター19:00~21:00が最終の事前ワークショップです。

皆さんぜひご参加ください。

1回目 事前ワークショップ

聞かせて!知らせて!あなたの思い!第一回事前ワークショップが7月27日(火)19:00~21:00 美須賀コミュニティプラザ 1Fで開催されました。  

   

  ICPC協議会代表 友田康貴が開会挨拶をしてワークショップがスタート。  

 「今まで今治市でいろいろな事業がありましたが、みなと再生事業をすすめるため、これから皆さん一人一人がICPCメンバーになったつもりで話し合いをしてください」と話しました。    

 今回のワークショップはみなとにほしい機能を市民目線で考えるものです。事前ワークショップを3回行い、3回の集約した形を8月29日に市民ワークショップとして市民の皆さんに報告します。  

 みなとにどんなものがあれば賑わいが形成できるのか?どんな機能があればいいのかを考えます。  

   

  1.個人ワーク みなとに欲しい機能の絞り出し  

 ・一人に1枚の用紙をくばり、自分の欲しいと思う機能を3つ選ぶ  

 ・新たに別のものを手書きしてもよい  

 ・各自選んだ3つをポストイットカードに書く。  

このワークショップには愛媛県建築士会の方々が全面的に協力していただき、各グループにファシリテーターとして加わっていただきました。  

建築のプロフェッショナルの方々が加わっていただくことにより、話し合いはスムーズに進んでいきました。  

    

     2.グループワーク 具体的な機能内容を考える

・3つを選んだ理由などを発表し合い、同じテーブルで議論をする。

・議論の際、選んだ理由はもちろん、活用イメージなども膨らませ話す。単純な多数決ではなく、どうしてその機能が必要か検討し、優先順位をつける。

・上位の7つについて、書きこむ 

この日は3つのグループができたのですが、それぞれ傾向が違った議論が形成されました。    

     

3.グループワーク 配置 

・具体的な建物へと落とし込み図に配置  

今回のワークショップでみなさんにお願いしたのは、形容詞。

公園  でもどんな公園なのかが重要と考え

⇒芝生が敷き詰められ、ベンチの多い公園

という形でより具体的な提案に落とし込む作業を行いました。

 全体共有

各班で話し合った内容を発表します。   

このように皆さんの考えをあと二回行いその意見を集約します。

みなとにどんな機能があれば人がきてもらえるのか・・・

土曜夜市にて

7月17日の夜市にてA・N・Kが作成した模型をベニーズ前に展示しました。

来週開かれるワークショップの広報を兼ねたのですが、多くの人が立ち止り見ていかれました。

模型を目にした市民の皆さんの感想は上々・・・

皆さん「こんなみなとになったら遊びにいくのにね」という声が多く聞かれました。

年配の方から聞こえてきた声では「港街今治」という声が印象的でした。

一昔前は今治港には船が多く就航し、港に人があふれているのは当たり前でした。その頃今治は港街だったのです。

そういう港を知っておられる年配の方からすると、今の港は寂しく映るそうです。

そして模型に特に反応したのは、子どもたち。

子どもたちに「港にいったことがある?」と聞くとほとんどの子どもたちは「ない」と答えました。

また「こんなみなとになると遊びにいく?」と聞くと「いく!」と答えてくれました。

どんなみなとにするのか・・・港街今治とまた呼ばれるようにはどうすればいいのか・・・

ワークショップで皆さんの意見を聞いてみたいです。

7月24日にもベニーズ前に模型を飾ります。ぜひお立ち寄りください。

市民ワークショップ

 6月11日の報告会の次の日、ICPCと西沢大良さんが今年度のみなと再生事業基本計画策定作業について話し合いました。

今年度の事業として、みなとに欲しい機能を今治市民の意見として集約するワークショップを開催することとなりました。

一回のワークショップを開催しても、どれだけの市民の意見が反映されるかわからないことから、事前ワークショップを3回開催することとなりました。

第一回ワークショップ

7月27日(水) 美須賀コミュニティプラザ 19:00~21:00

 対象者:中心商店街関係者

第二回ワークショップ

7月29日(木) 港湾ビル 19:00~21:00

 対象者:みなと再生事業エリア周辺自治会等

第三回ワークショップ

8月5日(水) 地場産業振興センター 19:00~21:00

 対象者:商工関係者・将来のみなと利用者等

三回のワークショップにおいてみなさんから出た意見を整理し、市民ワークショップにて発表

市民ワークショップ

8月29日(日) 地場産業振興センター 13:00~16:00

 A・N・K共同企業体と協力し、みなと再生事業提案を広く市民に公開します。

どの会でも参加は自由となっております。市民の意見を集約し、新しいみなとを一緒に考えましょう。

美須賀コミュニティプラザについては駐車場はございません。

また港湾ビルについても周辺の有料駐車場をご利用ください。

資料の関係上参加を希望される方は事務局までご連絡ください。

ICPC事務局 32-5126 icpc@major.ocn.ne.jp

Home > 市民ワークショップ Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top